人形辞典

人形辞典
2013年11月22日

京都は 朝からきれいな晴天。

左大文字山も少しずつ 色付いてきました。

P1060286

今日も、お雛さまの見方の 其のⅡ・・・「お顔について。」

「雛人形の顔って 夜見たら何か怖くて 
今まで好きになれへんかったんですけど、
こちらのお雛さまに出会って、その思いが消えました。
優しくてきれいでいいお顔したはりますね!」
_q4a7199_3_1

有難いことに、うちのお雛さまは たくさんのお客さまに

一目惚れしてもらわはりますheart04

お顔には人それぞれのお好みがありますが
「わたしは 怖い顔が好きなんです。」
という方は、多分少数派でしょうね (笑)

実は、うちのお雛さまのお顔は、頭師(お顔を専門に作る職人)
に特別のお化粧をしてもろてます。
そやし、優しいんでしょうね、きっと。。。

お顔選びで大切なことは、自分の感性で見る!ということ。

「この顔が一番いい顔ですよ。」
 とか、
「この顔にしといたら 間違いないです。」
 とか、 
お店の人の基準に惑わされないこと。

心を静かに落ち着けて、お雛さまとお話ししてみてください。
本当にいいお人形からは、特別の空気が出ているものです。

本来 お人形の鑑賞とは、その空気感や情感を味わうものなんです。

今日もいっぱい ちょっと難しいこと言うてしまいましたけど、
お雛さまについて わたしに語らせたら、止まらへんのですよ~(笑)

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

人形辞典
2013年11月19日

熱いお茶がおいしい季節。

さっき、茶柱が立ちました!
(そんな報告いらん!って・・・しっつれいしました 笑)

今日は、お雛さまの観方について。。。

  お嬢ちゃんの初節句のお祝いに 
  雛人形を贈ってあげようと思い、
  いろんなお店に観に行っても、
  ずら~っといっぱい並んでて 
  何をどうみたらいいのかわからへん・・・

ほんまに難しいと思います。

いくつかのポイントがありますが、
今日は、其のⅠ・・・「形について。」

「雛人形の形なんてどれも一緒やん!」 と 
思わはるかもしれませんが、
実は、実は・・・
制作した人形師によって、それぞれに決まった形があるんです。

わたしたちは、形をみたら
「どこの、何という人形師が作った雛人形か・・・」
すぐにわかります。

弊店には、代々受け継がれてきた「槙野 巧雲」という作号
(作者の名前のようなもの)がありますが、
「槙野 巧雲」には、「槙野 巧雲」の決まった形がある、
ということ。

そやから、一軒のお店の中で 色々な形の雛人形が
売られているということは、色々な人が作った雛人形が売られている、
ということです。
わかりますかぁ~~??

ちょっと高度で、マニアックかもしれませんが、
「雛人形の形」に着目すると、見えないものが見えてくる!かも。。。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
人形辞典
2013年03月21日

今日の京都は 朝から快晴。

ちょっとひんやりしてるけど、気持ちのいいお天気です。

昨日は雨と強風にもかかわらず、たくさんのお客様に
ご来店いただきました。

弊店の「五月人形工房直販会」では、
色々な鎧や兜・鎧を着たお人形を展示しておりますが、
中でも、わたしの好きな五月人形の一つ、
一昨年に修復が終わり、その神々しさで見る人を
釘付けにする存在感や、
歴史をタイムスリップしたような錯覚に陥る、
細部にわたる緻密な細工に さらに磨きがかかって、
迫力満点な「赤糸縅の鎧」です。

国宝としての本物の完成度の高さに
圧倒されて、その場から離れたくないくらい
「すばらしい!!」 「ワンダフル~~笑」のひとことです。

奈良 春日大社の宝物殿に展示してあります。
是非一度、ご覧になってみてくださいね!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
人形辞典
2013年01月18日

おひなさまの芯になる部分の事を「胴」といいます。

うちの工房では、桐の木を使った「桐胴」を使ってますが、

日本中の大半の雛人形には、稲わらを束ねた「藁(わら)胴」が

使われています。(詳しくはホームページを見て下さい。)

「わら胴」の最大の欠点は、「タバコシバンムシ」という、

わらの中にいる虫が雛人形の胴を食うてしまう

おそれがあるということです。

「そんなん、気持ち悪い!ほんまかいな?」・・・

と思われる方は、

「日本人形協会」という、人形関連業者の集まる

日本最大の組織が毎月発行する業界誌 

「にんぎょう日本 2010年9月号」に 

「わら胴に虫が発生する被害について」の記事が

掲載されましたので、参考になさってください。

「わら胴に虫が発生する被害について」は

下記のファイルをクリックしてくださいね。

「waradou_no_musi_higai.pdf」をダウンロード

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 
人形辞典
2013年01月15日

おひなさまの着ている十二単衣の仕立てについて

よく お客様にご質問いただきます。

「おひなさまって、ほんまの十二単衣着てるんですか?」

うちの工房のおひなさまの衣装は全て、

本物の十二単衣と同じく、

衽(おくみ)、前身頃、後ろ見頃をそれぞれ2枚ずつ、

合計6枚で仕立てています。(6枚はぎ仕立て)

P1040686_2

6枚はぎ仕立て(たくみ作)

こうすることで、十二単衣本来のきれいな曲線や質感が
出せるからです。
昔、大量生産、大量消費の時代には、今より子どもの数も多く
雛人形も、全国的に「どんなもんでも 作ったら売れる」
ような時代でした。
そやし、背縫いもない、3枚しか縫ってないような(3枚はぎ仕立て)

手間を省いた雛人形でも 十分通用したんです。

P1040688

3枚はぎ仕立て(参考写真)でも、時代は変わってこの少子化。。。
世の中 本物志向の時代。。。

当然 お客様はより本物を求められますし、
職人としてプロとして、
「どうしたら、今日よりもっと きれいなおひなさまに
仕上げることができるやろう。。。」
と 日々こだわり続ける気持ちは あって当たり前やと思います。
そのためには、手を動かす労をいとわへんのが
「職人魂」いうもんです。

「6枚はぎ仕立て」にこだわることは、
手間はかかっても、おひなさまを
美しく仕上げるためには絶対はずせへん、職人技です!!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

人形辞典
2012年03月03日

今日は朝から、ひなまつりに相応しい、いいお天気!

あったかくて、気持ちのいい朝です。

3月の声を聞くと、気持ちはすっかり春。

空気もどこか春めいて、るんるん♪ してくるから不思議です。

今年もたくさんのお客様におひなさまのご注文を頂戴し

無事 お届けさせていただくことができました。

今頃、桃の花や菱餅、ひなあられやらお干菓子やらの

お供えもんに囲まれて、おひなさまは、満面の笑みを

浮かべたはるにちがいありません。

で、おひなさまの目線の先には、ご当家の主役のお姫さま

が。。。

   「初節句 おめでとうございます。」

おひなさまは、きっと、「お姫さまをお守りする」決意を

新たにしたはることでしょう!

これからも、末永いお付き合いを よろしくお願いいたします!!

たくみは明日から、一旦、おひなさまにはお休みいただき、

五月人形との展示替えをいたします。

五月人形をお入り用のお客様、今しばらくお待ちくださいね!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

人形辞典
2011年07月08日

蝉が鳴いてる。暑い!

扇風機が売り切れてるとか・・・

今年の夏も酷暑の予感。

奈良 春日大社の宝物殿に展示してある

国宝「赤糸縅(おどし)の大鎧」は、1年に及ぶ保存修理が無事終わり、

それを記念して、7月31日まで、「春日大社の鎧と刀」の

名品の特別展示が行われています。

それに併せて、「見て!触れて!感じる!鎧講座」

がありました。

P1010027

P1010071

鎧の歴史や鑑賞の仕方、着方をわかりやすく解説していただき

4時間があっという間に過ぎました。

その後、宝物殿に移動し、修理・クリーニングの終わった

「赤糸縅の大鎧」とご対面heart02

やっぱり、「美しい~」のひとこと。。。

そのあまりのきれいさに圧倒されました!

最後まで展示ケースの前から離れなかったのは、

言うまでもありません(笑)

前回同様、ちゃんと雀の数も数えてきましたよ・・・

一羽ずつ、全部姿が違うんですから驚きです。

学芸員の方のお話を伺うこともでき、初めて知る大鎧の奥深さに

感動しました。

行ってよかった。。。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

五月人形 雛人形は京都 西陣 たくみ人形

人形辞典
2010年10月14日

果物のおいしい秋。

でも例年に比べたらちょっとお高いような・・・

酷暑の夏の影響でしょうか

さて、秋風が吹き始めると、いっぺんに気ぜわしい

なってきます。

新作展示会でご注文いただいたおひなさまを

お納めする時期が迫って来てるさかいです。

これから12月いっぱいくらいまでは、時間に

追われて うれしい悲鳴の毎日です。

昨日は、昔からずっとお願いしてる「木毛屋さん」が

「もくめん」を持って来てくれはりました。

                  

毎年わざわざ、兵庫県の丹波市から 

車に積んで来てくれはります。

「京都のお人形屋さんへ持って来るんは、たくみさん含めて

3件になってしまいましたわ!」

需要が減ってしもたさかい、

今や全国的にも数少ない木毛屋さんになってしまいました。

もくめんというのは、雛人形の製作に なくてはならない

材料のうちの一つなんですよ。

でも今や、手間を省く為に、代わりに化繊の綿や発砲ウレタン

を使うお店がほとんどです。

でもお人形の自然な肉付きを表現するためにはやっぱり

もくめんでないとだめです。(お人形の手足や胸、お腹周り、

肩などに入れていきます。)

手間をかけて、ちょっとずつ増やしたり減らしたりして

肉付きを加減していくんですよ。

「でも外からは見えへんところやのに

なんでそこまでするん?!」と

思わはるかもしれません。

でもそうやって手間をかけてあげることで、仕上がった時

にお人形が醸し出す空気が全く違うてくるんです。

ドイツのシュタイフ社のテディーベアにも使われてます。

外からは見えへんところにも、ていねいに手をかける、

それがほんまもんの手仕事いうもんやと思います。

(ちょっとええカッコ言うてしまいました笑)

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は京都 西陣 たくみ人形

人形辞典
2010年03月08日

寒いです。

ちょっと春を先取りしたようなあったかい

日が続いてましたのに、またまた冬に逆戻りです。

油断大敵!

さて、4日になりますと毎年その年の何人かのお客様

から「もう、おひなさまを仕舞おうと思っています。」

というご連絡をいただきます。

やっぱり「行き遅れる伝説」は根強いです!(笑)

「おひなさまはお子様が健やかにご成長される為の

お守りです!」

ということを知ったはる方は多いんですが、

「じゃぁ、五月人形って何の為に飾るん?」

ということをご存知でない方は意外に多いんとちがい

ますか?

お教えしましょう~(笑)

実は「端午の節句」は奈良時代に宮中で行われていた

邪気払いの行事が江戸時代になり民間にも広まって

鎧や兜、お人形などを飾って邪気を払う行事として

定着して行ったものと言われているんですよ。

そやからやっぱり五月人形も男の子が健康で、やさしく

たくましく成長されるためのお守りなんです。

わかりましたか?(笑)

只今工房では、「五月人形工房直販会」を行って

おります。

かっこいい鎧、こだわりの兜、

かわかっこいい(可愛い+かっこいい・・・わかりにくぅ~笑)

大将さんなどお守りにふさわしい五月人形勢揃い!

ぜひ、お越しくださいね!!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

人形辞典
2009年03月16日

「五月人形って何を買えばいいんですか?」

この時期、こう言うてご来店いただくお客様が

何人かいはります。

そら、そうですね!

おひなさまみたいに、主役がはっきりしてへんし、

「人形」っていうわりにはお店で売ってるのは鎧とか兜が

ほとんどですし・・・

そやのに、なんで「五月人形」っていうんやろ・・・

一般のお客様にしたら、そう思わはって当然やと

思います。

おじいちゃんやおばあちゃんはよく、「大将さん」て

言わはります。

それはおそらく昔は五月人形いうたら、桃太郎さんとか

牛若丸とか、加藤清正とか神武天皇とかの

お人形さんを五月人形として

飾ることが多かったさかいやと思います。

そういうお人形さんたちを「大将さん」いうてました。

そやけど今は鎧か兜、鎧を着たお人形さん

を飾ってお祝いしはる方がほとんど

です。

これやないとあかん!という決まり事があるわけや

のうて、「たくましく、元気に、(できることなら出世も

して欲しい笑)」という願いを念頭に置いた

お飾りやったらええのです。

菖蒲や蓬(どちらも邪気を祓うといわれる薬草です)を

お供えしはるのも一つですね!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形