工房便り

西陣からの便り
2021年03月05日

2013年に製作した
「狆引き官女」です。

「平成の狆引き官女」とでも申しましょうか。。。

狆官女

「ナニコレ??」
と思わはった方も多いことでしょう!

保存状態のいい狆引き官女が非常に希少であり
このままではいつか風化する時が来る、
という危機感を持っていました。

幸いなことに
狆を作ってくれはる方との
出会いがあり、
やっとのことで「平成の狆引き官女」
を完成させることができたというわけです。

官女と狆の愛らしい表情、
何ともいえへん女性らしいしなやかな
色気と艶っぽさ。

宮中をお散歩させてはるところ。

何べん見てもいいワン!

2016年
灼熱地獄の真夏のとある日、
娘と二人でロケハンに出動したのも
愉快な思い出です(思い出したら笑う~)

お待たせしました。
「そもそも狆引き官女ってなに?」
の疑問にお答えしましょう!

江戸時代から大正の終わり頃まで
製作されていたといわれています。

徳川幕府五代将軍綱吉の時代、
狆はお座敷犬として飼われた
高級なお犬さまでした。

犬を安産のお守りと考え、
嫁いだ娘がめでたく赤ちゃんを授かり、
無事に安産を果たせますように…
という親の願いを狆引き官女に込めた
と考えられます。

ワンダフル!!

100年先に生きる人たちの目に
触れることが出来たら嬉しいなぁ。。

人形史に残るでしょうか??

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

願いのままにかたちをつくる「お誂え専門の京ひな人形工房」です。私たちはおひとりおひとりのお客さまの想いをお聞きしてから、お雛さまをつくり始めます。
どんな願いを込めたものにしたいのか、どんな想いがそこにあるのか。京都西陣にある、昔ながらのひな人形工房に、お客さまの声をどうぞお聞かせください。