工房便り

西陣からの便り
2017年01月30日

お仕事の合間の休憩タイム。

何やら楽しそうな話し声が聞こえてきます。

「このお菓子、おいしそうでごじゃりまするなぁ~

いただいちゃいまするか。。。」

官女 

牛車を引く牛さんもお休み中です。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
西陣からの便り
2017年01月30日

昨日ご来店くださったKさま。

1歳になられたKちゃんが不二家のぺこちゃんみたいに
お目めのくりくりした愛くるしいお嬢ちゃんで、
赤いお洋服がとってもよくお似合いでした。

「ぺこちゃんみたいに愛くるしいお嬢ちゃんですねぇ~」
と言うと、お母さまも
「はい、ペコちゃんなんです!」
とのこと。

色々なお雛さまをごらんいただき
何点かの雛人形でお迷いでした。

わたしも違うお客さまの接客中だったのですが、

「Kちゃんのお雛さまは絶対このお二人!!
このお二人こそKちゃんのお雛さま。」

って、何だか不思議な直観センサーが働き、
主人が接客させていただいていたにもかかわらず、

「愛くるしいKちゃんには、絶対このお雛さまがお似合いです!」
って、横から思わずお節介をやいてしまいました。

何だか黙ってられへん衝動にかられてしまったのです。
(ほんと、ふしぎ・・・)

雛人形2 

雛人形3 

「でも お気遣いなく、、、お好きなお雛さまになさってくださいね!」
とは言ったものの、

「あ~、わたし、お節介やいてしもた、、、汗」
とちょっと反省。。。

ところが、最終的にはお父さまがわたしのペコちゃんを選んでくださり
めでたし、めでたし。。。

愛くるしいKちゃん、、、誰からも愛される素敵な女性にご成長される
ことでしょう。
おかみの選んだお雛さまがきっとお守りいたしますからね!!

Kさま、ありがとうございました!!
お届けを楽しみにお待ちくださいね。。。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

西陣からの便り
2017年01月26日

「おうちに雛人形が届きました。
さてさて、どこに飾りましょうか???」

IMG_3436

タンスの上?
カラーボックス?
玄関のシューズボックスの上?
はたまた、リビングのフローリングに直に置く。。。

とにかく先ず頭を悩まされるのが飾る場所だと思います。
今日から始まる女将の直伝シリーズ其のⅠ・・・「雛人形の飾り方」

女将の理想は、、、あります!!
理想の飾り方があります!!
女将の理想はハードルが高いのです!!

しかしながら、せっかく待ち焦がれてやっと届いた雛人形

ですから、なるべく理想的に飾っていただきたい!
そうすることでお雛さまが醸し出す特別の空気も
一緒に味わって頂けるんです!

そのために手取り足取り お教えいたしましょう~~~

ご来店お待ちしております!!笑

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
西陣からの便り
2017年01月24日

今日も 朝から雪の降る、凍えるように寒~い一日です。

これから節分の頃にかけて
京都は本格的な底冷えの季節を迎えます。

でも、その分 春を迎える喜びも大きいなるってこと。。。
京都の桜が美しいのは、
厳しい底冷えを乗り越えたご褒美なんやと思います、きっと。。

さて、お待たせいたしました!
毎年大好評の(ほんまかいな、、、笑)
「隠してしまうのはもったいない!」シリーズ。

今年は、立雛のお写真をお撮りしましたよ。

立雛 

もごらんくださいね!)

着せ付けが終わり、「腕(かいな)折り」をすると
見えなくなってしまう美しいお色や文様がもったいなくて、 
「写真を撮って、お雛さまのお届けを永らくお待ちくださっている
お客様にお見せしよう!」
と思って始めたシリーズ。
今年で3年目を迎えました。

「隠してしまうのはもったいない!」 シリーズ第三章。

弊店では、お雛さまのご予約をいただいてからお届けまで
お時間をいただきますので、
その間も 「どきどき ワクワク」を楽しんでいただきたくて
始めたのがきっかけです。

お届けまであと少し、お雛さまをお迎えいただく
心のご準備は整っておりますかぁ~~??

シリーズ第四章もお楽しみに!!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
西陣からの便り
2017年01月21日

今年もたくさんのええご縁を頂戴して

ご注文いただいたおひなさまたちを

心を込めてお作りさせていただく毎日です。

毎年思うんですが、どうしてうちのお客様は

みなさんええ方ばっかりなんやろ・・・

心をほんわか~とさせてくださる方ばかり

です。

同じものを見ていても、おひとりおひとり、

感じ方が違うはず・・・

でも、うちでおひなさまをご注文くださる方は

みなさん、感性が合う方ばかりなんやと

思います。

お客様には大変失礼なんですが、

なんか、同じ場を共有できる仲間のような感覚です。

「二つの楽しいことって、何ですか?」

とお尋ねいただいたO様も、最初にご来店

いただいた時から、

「この方は、うちのお客様やわ!」

と確信したお客様のお一人です。

わたしたちとお客様とのやりとりの中で

毎年印象に残る方が、何人もいらっしゃいますが

今年の印象深いお客様のお一人です!!

そういう方のおうちにお興し入れできるうちの

おひなさまはしあわせです!!

きっと、いつまでも大切にしてくださるやろなぁ・・・

<<<<<<<<>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2017年01月18日

久しぶりに青空が広がった今日、

「白大文字」が くっきり、とてもきれいでした。

白大文字 

先週の土曜日から3日間、びっくりするくらい雪が降りました。
ガレージの線も雪で埋もれて見えへんし、
歩道を歩こうにも靴が埋もれてしまうくらい、
一面真っ白の銀世界。

朝起きて 「雪国やんか~」
と思わず叫んでしまいました。

自宅から見える生駒山もきれいでしたよ!!
南アルプスみたいでしょ。。。
(それにしてはちょっと家々の屋根が多すぎですか…笑)

白大文字2 

北大路橋から見た雪の北山がまたきれい!!!
(写真はありませんけど、、、笑)

吹雪の中を赤ちゃんもご一緒にご来店下さったり、
大変な思いをされながらご来店下さったお客様には
ほんとに頭の下がる思いです。
駅伝の交通規制も重なりましたしね。。。

でも この大雪で、京都の風情をまたまた再発見した
わたしでした。
桜も紅葉も素晴らしいですけど、
雪の京都も絶対おすすめですよ!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
西陣からの便り
2017年01月02日
十二坊さんの除夜の鐘を聞きながら
こころ静かに新年を迎えることができました。

皆さま あけましておめでとうございます。

暖かく 穏やかな 新年の幕開けです!

今日は朝から今宮さんに初詣に行き、
今年一年の家族の健康に感謝しました。

境内でこんな可愛い干支の「酉(とり)」さんを見つけましたよ!

酉

たくさんの初詣客で賑わっていました。

初詣

 あぶり餅

あぶり餅

久しぶりにわたしたちも「あぶり餅」いただきました。

白みそのたれが意外にあっさりして、相変わらずくせになるお味。
お正月ということもあって店員さんたちも大忙しでした。

さて新年は 明日3日(火) 朝10時から営業いたします。

今年も、ものづくりと真摯に向き合い、
お届けできる歓びを感じながら日々励んで参ります。

本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます!!

<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

西陣からの便り
2016年12月29日

今日も朝から厚い雲に覆われた京都です。

空気がつべたい、、、まさに冷蔵庫寸前。

愛宕山には雪が積もっています。

昨日は京都にも初雪が降りました。

雪化粧した金閣寺がニュースで取り上げられ、

観光客の方が、「こんな日に来られてラッキー!です。」

みたいなことを言うたはりました。

雪の金閣寺、、、さぞかし旅のいい思い出になったことでしょうね!

新年を前に美しく掃き清められた大徳寺塔頭、高桐院さん。

ひとひらの落ち葉さえ見当たりません。

いつにも増して心がスーッと落ち着きます。

高桐院 

さて、暮れも押し詰まった先日、

下鴨の葵橋東詰めで信号待ちしていた時、

何の気なしにブライダル衣装のお店の中をのぞいたら、

カップルが何やら楽しそうに話したはりました。

「幸せそうやなぁ~~」
「あっ、この光景ってうちのお店に来てくださるお客さまと共通点ある!」

わたし、思わずピンっ!ときました。
お客様を外までお見送りする時、
工房の前を走る市バスや、車の中、
歩道を歩いている人たちから見えている情景こそ、
幸せを絵に描いたようなご家族の姿なんやと思います!!

「幸せそうやなぁ~~」
「微笑ましいわぁ~」
とつぶやいている人たちも きっといはるに違いありません。

初節句という節目のお慶びごとに携われる幸せ・・・。
思わず誰もが笑顔になれる幸せ・・・。

今年もたくさんのお客様にありがたいご縁と
あふれるほどいっぱいの笑顔をいただき、 
一年が無事終わろうとしています。

来年も もっともっと、楽しくお雛さま選びをしていただけるよう、
励みます!!

「真面目に 正直に やさしい気持ちで。。。」

さて、年内の営業は本日29日(木)までです。
年始は3日(火)朝10時から営業いたします。

ご家族皆さまお揃いでどうぞご来店くださいませ。
お待ちしております。

 (尚、1月も毎週水曜日は「製作にだけ集中する日」
  とさせていただくため、 お休みします。
  土日祝日は休まず営業いたします。)

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
西陣からの便り
2016年12月01日

カレンダーが早や残り一枚となりました(^_^;)

師走。。。

ひな人形屋にとっては、一番気忙しなる12月です。

あんだけきれいやった紅葉も落葉盛んになり、

空模様も冬支度の感が。。。

京都は時雨れる日も多くなってきました。

さて、例年は12月から無休で営業しておりましたが、

お雛さまがお手元に届くのを
首を長くしてお待ちくださっているお客様に
一日も早くお届けできますよう、

今年は水曜日のみお休みし、
「製作にだけ集中する日」
とさせていただきたく思っております。

水曜日以外の平日と土・日・祝日は休まず営業いたしますので、
どうぞご来店 お待ちしております。

定休日: 水曜日のみ(土・日・祝日は営業)
営業時間: 午前10時から午後6時

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>
西陣からの便り
2016年11月04日

昨日の朝日放送「「一子相伝」ご覧いただけましたでしょうか?

その一場面の出来事です。

主人が着付けたお雛さまを見た父。
「息子の腕(かいな)折りに父は?」
と出来栄えについての感想を問われ、

父   「まあまあやけどなー。。。」
主人 「まあまあでもいい方なんです!笑」

このやり取りを聞いたわたしの大笑いした声が、
大きく入っていましたね。。。笑

職人は仕事を全部、見よう見まねで覚えていくんです。
いちいち手取り足取り教えてもらうことはありません。

普段、一緒に仕事していても褒めることのない父、
褒められた記憶のない主人。

始めて褒められたのは、父の元で修業の道に入ってから
なんと25年たった時でした。

「立雛、よう出来てるやん!」
主人はさぞかし嬉しかったことと思います。

その裏話を知ってるわたしからしたら、
腕折りの出来栄えを聞かれ、
「まあまあやけどな。。。」と言った父の返答が父らしく、

「まあまあでもいい方なんです

(充分過ぎるほどの誉め言葉なんです)!」

と言った主人の答えが主人らしくて
思わず大笑いしてしまったという、撮影時のエピソードです。

短い放送時間なので、こういう裏話を盛り込めないのは
ちょっと残念でしたが、
わたしたち親子にとっては
いつまでも心に残る思い出になる放送となりました。

次週11月10日(木)もぜひご覧くださいね!!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

願いのままにかたちをつくる「お誂え専門の京ひな人形工房」です。私たちはおひとりおひとりのお客さまの想いをお聞きしてから、お雛さまをつくり始めます。
どんな願いを込めたものにしたいのか、どんな想いがそこにあるのか。京都西陣にある、昔ながらのひな人形工房に、お客さまの声をどうぞお聞かせください。