工房便り

西陣からの便り
2011年06月14日

洗濯物を外に干すべきか、中に干すべきか、

決断に迫られる毎日です(笑)

ブログを自主休稿(?)してる間に、すっかり季節が

代わってしまいました。

さて今年も先日、関東方面のお人形屋さんの展示会に

行ってきました。

P1010145

   現在のスカイツリーです。

   完成まであと1年。

107_0287

                 ちょうど一年前のスカイツリー 

今年はちょっと空いた時間に初めて浅草寺に行くことが

できました。

P1010139

           五重塔

P1010141_2

               
                修学旅行生に混じって

                気分はしっかり“お上りさん”     

                やし・・・

でも、テレビでしか見たことなかった仲見世通りを歩くうち、

テンション上がって、気分はすっかり江戸っ子だい!(笑)

舟和の芋ようかんを買っちゃったのは言うまでも

ねぇってことよぉ!(笑)

もうちょっとゆっくり参拝したかったなぁ~

明日からはいよいよ、うちの工房の

「2012年度 新作雛人形展示会」が始まります。

今年も可愛らしいおひなさまが勢揃い!

たぁ~んとお客さんが来てくれはったらうれしいな。。。

雨降りませんように・・・

<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2011年05月04日

12か月が色を取り合えば、緑はすんなり5月のものだろう。

「詩人やわぁ~  惚れ惚れするわぁ~」

いぇいぇ、わたしが考えたのではありません。

(当たり前か。。。)

5月1日の朝日新聞 「天声人語」から拝借させて

いただいちゃいました!

こんな素敵に表現できる感性の人って、すごいわぁ~

わたしなんかせいぜい、ありきたりに

「新緑のきれいな季節になりました。」やもんなぁ~^^;

欠しぃ。。。(笑)

さて、今年もたくさんのええご縁をいただき、

おひなさまや五月人形を無事お手元にお届けすることが

できました。

3月の震災は、初節句という節目のお祝いごとを、

きちんと祝ってあげたいと思われるお気持ちが

自然と後ろ向きになるような出来事やったと思います。

「でもこういう時だからこそ尚、お人形さんに守ってもらいたい、

と思って伺いました。」

とおっしゃってご来店いただくお客様や、

「こいのぼりを見てると元気づけられますよね!」

とおっしゃるお客様など、

こういう状況下に

ほんのちょっとでも、ご家族の絆を深めたり、

元気を与えるお手伝いができるのは、

ほんまに幸せなことやと、改めて思います。

みなさん、ほんとうにありがとうございました!!

たくみは9日までお休みを頂戴し、10日より営業させて

いただきます。

6月の「2012年 新作雛人形展示会」に向け、

おひなさまの製作に励みます。

乞うご期待!

<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2011年04月02日

今日から4月。

桜の開花宣言の出た京都は、朝から気持ちのいいお天気、

入学式日和となりました。

春ですねぇ、一気に春が来た!

ぽかぽかあったかいこんな日は、

家の中にいるのがもったいなくなりますね!

さて、大震災で被災された方のおられる避難所の小学校に

鯉のぼりを上げる「鯉のぼりプロジェクト」が始動しました。

子供たちにこの苦難を乗り越えて希望を持ってほしい

という願いを込めて、希望の象徴である鯉のぼりを

200箇所の避難所に上げようというものです。

ユニセフやセーブザチルドレン等の協力もいただいたり、

「鯉のぼりボランティア」の方を募って掲揚のお手伝いを

していただいたりするそうです。

子供たちの目に映る鯉のぼりは、去年までのものとは

全く違って見えるのかも・・・複雑です。

大空に泳ぐ鯉のぼりを見て、ほんの一瞬でも心を

解放してもらえれば。。。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は五月人形は  京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2011年03月27日

3月ももうすぐ終わろうというのに、寒い日が

続いてますねぇ~

今日も雪がちらついていました。

京都でもこんなに寒いのに、東北はいかばかりかと・・・

さて今年は、こいのぼりのお品揃えを見直しました!

鯉のぼりの生地は大きく分けてナイロン製、ポリエステル製

の二つに分かれます。

ナイロン製は安価ですが雨に弱く、だいたい2~3年で

色が褪せてしまうといわれています。

残念ながら、縫製も荒っぽいものが多いです。

それに対して最近は、ポリエステル製で撥水加工したものが

主流になっており、発色が非常にきれいで、しなやか、

雨濡れや汚れにも強いという特徴があります。

ただ、どうしてもナイロン製のこいのぼりに比べますと、

お値段はそれなりにしてしまいますが、長い目で見ますと、

その違いは一目瞭然です。

日本中にこいのぼりのメーカーさんは大体14社くらい

あります。

色々な鯉のぼりを見比べた結果、「これしかない!」と

わたしが惚れ込んだこいのぼり、1種類だけを

お取扱いさせていただくことに決めました。

自信を持っておすすめできる

わたしが欲しくなるこいのぼり・・・

惚れ惚れするほどきれいです。

ずっと見ていて飽きないです。

抱きしめて寝たくなります(笑)

さわやかな五月の風に泳ぐ姿を想像するだけで

気持ちが晴れ晴れしてきます!

「どんなんかなぁ~」

「いっぺん、見てみたいなぁ~」

と思われたお客様は、ご来店の上、お確かめ下さい(笑)

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2011年03月25日

テレビコマーシャルの大半がACに切り替わって

いますね。

これには賛否両論あるようですが、

実は弊店も、本来なら毎週、五月人形の新聞広告をしている

時期ですが、今は自粛させていただいております。

お子様やお孫様の節目のお祝いごとはきっちり祝って

あげたいと思われるお客様も もちろんたくさんいらっしゃい

ますし、そのお気持ちにお応えするべく、五月人形は

例年通り展示させていただいておりますが、

大々的に広告するのはいかがなものかと考えて、

差し控えさせていただいている状況です。

どうかその点、ご理解いただけましたら大変うれしいです。

ご来店お待ちいたしております!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2011年03月18日

震災で未だに家族の安否がわからず、

救助を只ひたすらじっと待つことももどかしくて

危険を顧みず、ご自分の足でがれきの中を捜しまわって

おられる方のお姿がテレビに映し出されています。

いてもたってもいられないお気持ち、痛いほどよく

わかります。

わたしでも絶対そうします。

狂ったように捜しまわります。

待つことしかできないなんて、辛すぎます。

東北のあの辺りは、漁師さんや農家の方やら、山でお仕事

されてる方も多いでしょうし、普段はみなさん、

たくましく、頑健であろうおじいちゃんやお父さんが

人目もはばからず、男泣きされる姿を目の当たりにすると

気の毒過ぎて・・・そこへ、追い打ちをかけるように

原発の恐怖。

まさに、精神の極限状態であろうことが想像できます。

でも、そんな中でも、支給されたおにぎり1個を

「ありがたいことです!」

と言って受け取られている姿を見ると、

極限状態で感じる究極の幸せって、もしかしたら

こういうもんなんかな・・・

と考えさせられてしまいました。

ドラえもん募金してきました。

チャリティー募金にも行こうと思います。

今できることは義援金という形の支援でしかありませんが

長い目で、できることを考えて行こうと思っています。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2011年03月17日

未曾有の大震災。

実は11日のあの時間、わたしは避けられない所用で

東京にいました。

帰りの新幹線に乗るために、東京駅目指して山手線に

乗り、「田端」に着いて数秒後、突然「ガタン!」と

車体が大きく揺れました。

その後どんどん揺れが激しくなり、立ってるのもやっとなくらい・・・

ほんまに怖かったです。

何が起こったのか全くわからず、本気で死ぬかと思いました。

あんな地震の揺れ初めてです。

帰宅難民になってしまったわたしは、

その晩、近くの小学校の避難所でお世話になり、寒さと余震で

寝られない夜を一晩過ごしました。

次の日やっとの思いで京都にたどり着いた時は、

心底ほっとして、一気に疲れが・・・

さっきまでの東京の混乱ぶりが嘘みたいに、

京都はあまりにしら~っとしていて、

遠い外国から帰って来たかのような錯覚さえ覚えました。

「本来、いる可能性の少ない東京で、ありえない地震を

経験したわたしは、歴史を体感する女やわぁ~」

とか強がり言いながら、

今東北地方で起こってることが絶対にひと事ではない!

ということを身を以て経験できた一日でした。

直面しておられる惨状を考えたとき、

いつも通りの生活をすることがはばかられてしまいます。

電気もガスも水も如何に使いたい放題使っていたか、

如何に毎日快適過ぎる生活を送っていたか・・・

反省させられます。

自分に何ができるのか、今するべきことは何か、

一人一人がよく考えて行動せんとあきませんね。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2011年03月07日

先日おひなさまをお届けした村上開新堂様。

京都で一番古いと言われる、老舗の洋菓子屋さんです。

P1000566 

扉を開けると、昔のままのレトロな店内の光景が、

タイムスリップしたかのようにいきなり現れるんですよ。

「何やろ、この懐かしさは・・・」と思いながらしばらく

佇んでしまいました。

よくぞ、建て替えられずに残してこられたものです。

(維持されるのは大変なことやと思います。)

実はM様、先代の時からご贔屓にしてもろてるんです。

今回は奥様のおひなさまをお作りさせてもらいました。

P1000562

お人柄のようわかる、笑顔の素敵なご夫婦です。

うちと同じで、ご家族だけでお菓子を手作りしたはるん

ですよ。

池波正太郎さんも大好物の、有名な好事福盧(こうずぶくろ)

をいただいて帰りました。

P1000570

P1000574

さっぱりとした懐かしい味の「おみかんのぜりー」です。

ご夫婦のお人柄を表す、優しい味がしました。

手作りのお品もんって、やっぱり作り手の心がそのまま

作品の中に現れますよね~

改めてそんな思いを再確認した一日でした。

<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2011年03月04日

寒の戻りで寒さが身にしみます。

今日は早速おひなさまを仕舞われている

お家も多いんではないでしょうか?

「あせって仕舞うてくれはらんかて、あったこうて、

からっと晴れた日に仕舞ってくださいね。

心配しはらんでも、お嫁に行き遅れはりませんしね~」

とお話ししてもやっぱり「行き遅れる伝説」は

根強いです(笑)

さて昨日、いつもお世話になってる漆器屋さんの

Oさんが、お友達8人とご一緒に「女だけの日帰り修学旅行」で

店に立ち寄ってくださいました。

P1000576

おひなさま三昧の一日を満喫されたようです。

Oさんは京都の楽しみ方をとてもよくお勉強されていて

お店のお休みの日には、お寺やら神社やらおいしいもんの

お店を巡ってはご自分だけのとっておきのルートを

見つけて、いきいきと楽しんだはります。

今回も、お友達を喜ばせようと一生懸命。

そのために自分の足で下調べしはるんです。

心を尽くす、とはこういうことですね・・・

6月には、新緑のきれいなええとこに

お誘いいただいてるんですよ (うふふ 楽しみ・・・)

「Oさん、添乗員さん出来ますわ!」というと

「6月には又、宏美さん(私です)のためにベストを

尽くします(笑)」

というお返事が返ってきました。

いつもおんぶにだっこで、ほんまにすみません。。。

今日から工房では、おひなさまに一旦お休みいただき

五月人形との展示替えを行っています。

10日頃からは「五月人形工房直販会」が開催できる

予定でおりますので、お入用のみなさま、

今しばらくお待ちくださいませ。

(もう少し早くなるかも…です。)

<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2011年03月02日

おかげさまで、今年もたくさんのお客様との新しいご縁を

いただくことができました。

例年になく寒かった今年の冬は、吹雪いたり、みぞれが

降ったりする日も多く、赤ちゃんと一緒のご来店はさぞ

勇気のいるご判断やったと思います。

にもかかわらず、

「やっぱり思い切って来てよかったです。」

とか、

「あんまりきれいやし、実際に自分の目で見て

みたかったんです。」

とか言うていただくと只々「ありがたいことやなぁ~」

と、頭の下がる思いでいっぱいになりました。

実はまだこれからお届けさせていただくお客様も

いらっしゃるんですよ・・・ほんまにお待たせしてすみません!

「旧暦でお祝いするからゆっくり作ってくれはったら

いいですよ。」

というお言葉に甘えさせてもろて・・・たくみのおひなさまは

幸せもんです。

明日はひなまつり。

日本中のおひなさまのハレの日です。

うちのおひなさま達も今頃、それぞれのお家の特等席で

おすまししたはるんやろなぁ・・・きっと!

<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

願いのままにかたちをつくる「お誂え専門の京ひな人形工房」です。私たちはおひとりおひとりのお客さまの想いをお聞きしてから、お雛さまをつくり始めます。
どんな願いを込めたものにしたいのか、どんな想いがそこにあるのか。京都西陣にある、昔ながらのひな人形工房に、お客さまの声をどうぞお聞かせください。