工房便り

西陣からの便り
2017年12月14日

今日の京都は日中、雪が降りました。

そやけど気温は低くても、2月の底冷えに比べたらまだまだ序の口。

京都の本格的な冬はこれからです。

師走の京都からお送りする、女将の直伝シリーズ其の五・・・

「雛人形のルーツ」について。

皆さま、こんにちは。

毎度おなじみ、女将の奥の深~い直伝シリーズです。

男女一対にしてまつられる、「雛人形のルーツ」といわれているのが、

「天児(あまがつ)」というお人形です。

あまがつ

天児は、30㎝ほどの竹二本を束ねて胴とし、

さらに別の竹を横に組み合わせて手とし、

絹の丸い頭を付け、目・鼻・口を付けた素朴なお人形です。

その起源は平安時代ともいわれています。

幼児に降りかかる災いや穢(けがれ)を負わせるために

この人形に衣装を着せ、枕元に置きました。

さらに自分の分身として生涯持ち続け、

毎日お供え物をして大切にしたということです。

まさに、「お雛さまのルーツ」と呼ぶに相応しい縁起。

さかのぼれば、立雛がお雛さまの始まりだったのですね。。。

う~ん、納得!!

本日の女将の直伝シリーズも、目から鱗のお話でしたね、、、(自画自賛!)

雛人形通の方をまだまだ増やしてみせましょう~~笑

次回もまだまだ続きますよ~、どうぞお楽しみに。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2017年12月06日

寒いです!

寒がりの私には、つらい季節がやって

きます。

けど、京都の冬はまだまだ

こんなもんじゃ~ありません。

ここ何日かは、工房の前のイチョウの

木の葉っぱが一斉に散り始め、

毎朝、落ち葉と格闘しています笑

さて、今日は奥の深い京都の話の第二弾!

うちの工房から歩いて5分位の所に

「千本釈迦堂」というお寺があります。

101_0577

明日とあさっては「大根焚き」(だいこだき)

の日で、大根の炊いたんをいただいて

「中風除け」のご利益をもらおうと、毎年

たくさんのお年寄りがお参りしはります。

その釈迦堂さんにまつわるお話です。

101_0578

おかめ像・・・

鎌倉時代、釈迦堂の本堂建立

を任された有名な大工の棟梁は、

大事な柱を短く切ってしまい

困り果てていました。

それを見かねた妻の「阿亀(おかめ)さん」は

智恵と機転で夫の窮地を救ったのですが、

そのことが世間に知れては夫の名誉に

かかわると、自らの命を絶ったのです。

ご主人の棟梁は嘆き悲しみ、釈迦堂の

上棟式で御幣に妻の面をつけ、冥福と

本堂の無事完成を祈ったということです。

京都では今でも上棟式の時、

火災除け・家内安全を祈って、

おかめの面の付いた上棟御幣が

使われますけど、こんなところにその所以が

あったんですね~

いや~ほんまに

京都は年中奥が深いですゥ^^

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2017年11月26日

長女の誕生日のお祝いに、泉仙さんで仕出しを

お願いしました。

いずせん

風邪気味の娘は、鼻が詰まって味がよくわからないらしい(^-^;笑

いずれにせよ、いくつになっても誕生日はめでたいものだ!!!

      **Happy Birthday To Yui 💖**

そのあとは恒例のBirthdaysong の大合唱♬♪笑

ケーキ

今年も家族揃ってお祝いできるしあわせ。

「お誕生日おめでとう!」

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2017年11月26日

わたしの好きな左京区岡崎界隈。

生まれ育った懐かしい場所です。

小学生の頃は放課後、府立図書館に行ったり、

アリーナ(今はなくなった、スケート場)に行ったり。。。

毎日、ほんとに楽しかった、、、鮮明に記憶に残ってる。

今は、京都会館がロームシアター京都になり、

動物園が見違えるほどきれいに整備されて、

人も増え、

遠い記憶の岡崎とは変わってしまったけれど、

それでもやっぱり大好きな岡崎です。

ロームシアター京都

西陣からの便り
2017年11月24日

日々、お客さまとの出会いを楽しむ女将です。

ご来店いただくお客様へ、、、

大胆かつ、思い切ったお願いがあります。

工房のホームページにあります、

お雛さまの美しい佇まいを作る」と「京ひな人形へのこだわり

のページを必ずご一読いただいてからご来店いただきたく、

と申しますか、、、

「必ず隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」

(うわぁー、思い切って言うてしもた(^-^;)

という、大胆なお願いをする理由。

毎年、

「毎週、何軒もお人形屋さん巡りして、疲れてしもた~」

「もう、何を基準にして雛人形を選んだらいいのか、わからへん、、」

というお客様のお声を耳にすることが多く、

雛人形選びが難行苦行になってしまっているという現実。

お嬢ちゃんのせっかくの初節句をお祝いするお雛さま選びなんですから、

もっと楽しく効率よく、

雛人形選びをしていただくために、

あえて思い切ったお願いをさせていただきます。

「隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」

必ず「雛人形の選び方」の参考にしていただけますよ!!

どうか、「お雛さま選びも楽しい思い出になりますように。。。」

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2017年11月23日

お雛さまをお届けさせていただいたお客様から毎年、

可愛いお写真と暖かなお手紙をいただきます。

たくさんのお客様が、

「うわぁ、この子かっわいい!!」とか、

「こういう風に飾ったらいいんやね~」とか、

「Y,Kちゃんとおんなじお雛さまがいいんです。」とか、

お雛さま選びの参考にしてくださいます。

今年もたくさんの笑顔に元気をいただきました。

これからもひたむきに正直に、やさしい気持ちで、

お雛さま作りに励みます。

皆さまにはお手数をおかけし、本当に感謝です!

早速ホームページ上に掲載させていただきました。

西陣からの便り
2017年11月17日

昨日、今年初めてファンヒーターに灯油を入れました。

晩秋です。

今年の京都の紅葉は早い見頃を迎えていますよ。

左京区の真如堂のきれいなこと!(写真はありませんけど、、、笑)

何といっても拝観料がいらないのが、いい!!

そやけど、混雑するお寺にわざわざ行かなくても、

お散歩しているだけで色とりどりの京都です。

鴨川紅葉3

西陣からの便り
2017年11月04日

秋深まる京都からお送りする、女将の直伝シリーズ其の四・・・
「有職雛」とは?

皆さま、こんにちは。

またまた女将の奥の深~い直伝シリーズです。

今回は、人形業界でやたら頻繁に使われる「有職雛」とは、一体何ぞや??
という疑問にお答えいたします。

先ず、「有職雛」は「ゆうそくびな」と読みます。

「有職」とは、公家社会のさまざまな決まり事を指す言葉で、
「有職雛」は、お公家さんの着る装束を正しく考証して
作られた雛人形のことをいいます。

お公家さんたちの装束は、身分や年齢、季節によって違うので、
これに合わせて裂(きれ)を選び、雛人形の背丈に合った文様を
人形用に別織りにして衣装に仕立てます。

「有職雛」の男雛は公式な儀式で着用される衣冠束帯(いかんそくたい)、
女雛は十二単(じゅうにひとえ)を着用していることが多いです。

いかがでしょうか、今回は単純明快な答えに
さぞかしご満足いただけたことでしょう笑

女将の直伝シリーズ、まだまだ続きますよう~

次回もどうぞお楽しみに!!

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

西陣からの便り
2017年10月22日

今日の京都は台風21号の影響で雨降り。

時代祭も中止になってしまいました。

そんな中、京都迎賓館では秋の特別展示が行われているということで

雨にも負けず風にも負けず、警報にも負けず、行ってきましたよ!

素晴らしい数寄屋造りの建物のまわりの広大な池が

お庭と建物に溶け合うように配置されています。

(雨で画像が暗いですね。。。汗)

迎賓館の池

庭2

秋の特別展示「有職(ゆうそく)織物の典雅なしつらえ」。

人間国宝 「喜多川俵二」作の有職織物が

迎賓館の「聚楽(じゅらく)の間」、「夕映えの間」、「藤の間」、

「桐の間」に展示されています。

桐の間

有職

即位

風合いや質感がとても素晴らしく、「きれいやなぁ~~」と

只々、ため息の連続。

主人は、

「十二単の表着(うわぎ)の仕立ての

ふき(裏地を表に折り返して、表から少し見えるように仕立てた部分)

がきれいに出てたなぁ~」

と言うので、

「さすが、プロ目線!」と感心したわたしでした。

台風にも負けず、行ってよかった~~。

西陣からの便り
2017年10月22日

ウォーキングしていると金木犀のええ香りが漂ってきます。

どこのお家の木かいな・・・とあたりを見回してみると

「ここですよ」とばかりに山吹色のお花をいっぱいつけた

金木犀が立っています。

もうしばらくは楽しませてもらえそうですね!

今、工房では新しいおひなさまの製作中。

もうすぐお披露目できる予定です。

ここ何年かずっと作りたかったのですが

時間に追われてなかなかじっくり新しいおひなさまに

取り組むことが難しいて先延ばしになってきてたんですけど

今年はやっとお披露目できそうです。

かわいいですよ!お楽しみに・・・

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

願いのままにかたちをつくる「お誂え専門の京ひな人形工房」です。私たちはおひとりおひとりのお客さまの想いをお聞きしてから、お雛さまをつくり始めます。
どんな願いを込めたものにしたいのか、どんな想いがそこにあるのか。京都西陣にある、昔ながらのひな人形工房に、お客さまの声をどうぞお聞かせください。