ホーム > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

「女将の直伝シリーズ」を更新しました。

女将の直伝シリーズを更新しました。

http://www.takumi-ningyo.com/%E6%9C%89%E8%81%B7%E9%9B%9B%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

有職雛とは?




秋深まる京都からお送りする、女将の直伝シリーズ其の四・・・

「有職雛」とは?



皆さま、こんにちは。

またまた女将の奥の深~い直伝シリーズです。



今回は、人形業界でやたら頻繁に使われる「有職雛」とは、一体何ぞや??

という疑問にお答えいたします。



先ず、「有職雛」は「ゆうそくびな」と読みます。

「有職」とは、公家社会のさまざまな決まり事を指す言葉で、

「有職雛」は、お公家さんの着る装束を正しく考証して

作られた雛人形のことをいいます。



お公家さんたちの装束は、身分や年齢、季節によって違うので、

これに合わせて裂(きれ)を選び、雛人形の背丈に合った文様を

人形用に別織りにして衣装に仕立てます。



「有職雛」のお殿様は公式な儀式で着用される衣冠束帯(いかんそくたい)、

お姫様は十二単衣(じゅうにひとえ)を着用していることが多いです。



いかがでしょうか、今回は単純明快な答えに

さぞかしご満足いただけたことでしょう笑


女将の直伝シリーズ、まだまだ続きますよう~

次回もどうぞお楽しみに!!

 

 

お客様へのお願い

onegai

当工房では、毎年心を痛めていることがあります。

それは、お客様のご希望の日におひな様をお届けできないということです。

おひな様は1月に集中的に売れるので、対応にてんてこまいとなり、ご希望に添えないことが多くなるのです。
うちのお客様は、何度もご来店いただいて、思い入れを持っておひな様選びをされる方がほとんどなのですが、そうやってせっかくお気に入りのおひなさまに巡り会っていただきましても、ご希望の日にお届けできないのがいつも心苦しく、申し訳ない気持ちで一杯になります。

また、お届けを希望される日時が重なることが多いというのも、ご迷惑をおかけする原因のひとつ。3月3日までがひな人形を飾る時期(本当は根拠のないことなのですが)ということで、1月末から2月初旬のお届けを希望される方が多く、また、お日柄を気にされる方もいらっしゃるので、どうしても同じ日に集中しがちなのです。

当工房では、大量に作って発送するというやり方ではなく、ご注文いただいたお人形をひとつずつ丁寧に手作りしてお届けしますので、一度にたくさんのご注文に対応できず、お断りさせていただくこともございます。

そこで、お願いなのですが、
納得のゆくおひな様をお作りする時間を頂戴して、お客様にご満足いただけるおひな様をお届けするために、事情をお察しいただきまして、一日も早いご来店をお待ち申し上げております。

たくみ人形 店主

*ひな人形は節分を過ぎたら飾っていただいて、少しでも長く家族の皆様と共に楽しんでもらえればと思います。因に、3月3日を過ぎたらすぐ片付けないと駄目というのは根拠のないことで、長く飾って楽しんでいただいても構いません。

ご遠方のお客さまへ

「京都で作って京都で売る」を守る。

というブログを更新しました。

御所の中にある「京都迎賓館」に行ってきました。



今日の京都は台風21号の影響で雨降り。

時代祭も中止になってしまいました。


そんな中、京都迎賓館では秋の特別展示が行われているということで

雨にも負けず風にも負けず、警報にも負けず、行ってきましたよ!


素晴らしい数寄屋造りの建物のまわりの広大な池が

お庭と建物に溶け合うように配置されています。

(雨で画像が暗いですね。。。汗)


迎賓館の池


庭2


秋の特別展示「有職(ゆうそく)織物の典雅なしつらえ」。


人間国宝 「喜多川俵二」作の有職織物が

迎賓館の「聚楽(じゅらく)の間」、「夕映えの間」、「藤の間」、

「桐の間」に展示されています。

 

桐の間


有職



即位

 

風合いや質感がとても素晴らしく、「きれいやなぁ~~」と

只々、ため息の連続。


主人は、

「十二単の表着(うわぎ)の仕立ての

ふき(裏地を表に折り返して、表から少し見えるように仕立てた部分)

がきれいに出てたなぁ~」

と言うので、

「さすが、プロ目線!」と感心したわたしでした。


台風にも負けず、行ってよかった~~。

 

 

ご来店前に事前のご予約をお願いしております。


11月末日までは、
ご来店いただく際、

事前に(できましたら2,3日前までに)お電話でのご予約をお願いしております。

(不定休させていただく場合もあります。)


基本的に土・日・祝日は定休日とさせていただいておりますが、

承れる場合もございますのでご相談ください。


お手数をおかけしますが

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

Tel:075-441-8333

営業時間:午前10時より午後6時

信州 長野県東御市からの贈り物。



待ってました~~。

ついについに、信州は長野県東御市からサンシャインマスカットのご到着!


マスカット


きらめく宝石、果物の宝石。

キラキラまばゆく光ってます。


サンシャインマスカット



お口に入れると、なんとまぁジュースィ~なこと。

ほんでもって、さっくさく。

さっくさっくジュ~スィ~、さっくさっくジュ~スィ~。。。


やめられない、とまらない、何粒でも食べられちゃう☆

新鮮採れたて産地直送ですよ~、そこの奥さん!笑


最後の一粒までしっかり堪能させていただきました。

東御市の皆さん、美味しいサンシャインマスカットをありがとう~~

 

 

中秋の名月は月見団子を食べる日、ではありません笑

 

明日4日(水)は、中秋の名月、でも満月は6日(金)なんですって。

この季節のお月さんはほんとにきれい。


お風呂から上がって、ベランダの椅子に座りながらお月さんを見るのが

幸せなひととき。

一日を振り返って今日も何事もなく家族が健康で過ごせたことに感謝します。


わたしが子供の頃は、おばあちゃんがすすきとお団子と小芋を

お月さんにお供えしはって、

二階の窓からお月見してたなぁ~、そういう情景って鮮明に覚えてる。


今は、何でもかんでも簡略化してしまいがちやけど、

家族で大切にしてる節目の行事や季節の習わしって、

実はいつまでも子供の記憶に残るものなんですね、、、(しみじみ。。。)


とりあえず、明日はお団子買うてこようっと!笑

 

「うれしいひなまつり」の事実。



昨日から再開した、女将の直伝シリーズ其のⅢ・・・「お内裏(だいり)様とお雛さまって?」


「灯りを付けましょ、ぼんぼりに~♫ お花をおげましょ桃の花~♫・・・」

そうです、皆さんよくご存じの「うれしいひなまつり」。


この二番の歌詞にある「お内裏様とお雛さま~♫ ふ~たり並んですまし顔♫・・・」


実はこの歌詞、「ふ~たり」ではなくて正しくは「4人並んですまし顔」という事実。


「ちょっと、何言うてんの~、もうー。 

学校で ふ~たりって習ったしー」

という、お叱りの声が聞こえてきそうですが、、、


しかしながら、これは事実なんです。

作詞のサトウハチローさん、ごめんなさい笑


つまり、お内裏様=男雛、お雛さま=女雛ではなく、

男雛と女雛一対のことをお内裏様といい、

お雛さま~、も、男雛と女雛一対の雛人形のことを言います。


だから、「お内裏様とお雛さま~♫」というと、

4人の雛人形が並んでることになるんですね。


あぁ~、ややこしい汗


ちなみにうちの工房では、男雛をお殿さま、女雛をお姫さまと呼んでいます。


やはり、「女将の直伝シリーズ」は奥が深い!!(自画自賛。)

次回もお楽しみに。。。

 

2018年度の雛人形のご予約を承っています。


今日から10月、

ただ今工房では、2018年度のお雛さまのご予約を承っています。


「えっ?雛祭りって3月やんね~、今から予約ってどゆこと??」

と思われた方は、「お客さまへのお願い」をご覧頂けると嬉しいです。


尚、11月末日までは、ご来店いただきます際に事前に

(できましたら2,3日前までに)お電話でのご予約をお願いしております。

(不定休させていただく場合もありますので、、、)


基本的に土・日・祝日は定休日とさせていただいておりますが、

承れる場合もございますのでご相談ください。


今年も可愛いお雛さまのご用意が整いました!!


秋の京都はどこもかしこも見どころ満載。

京都観光のおついでに、ご家族皆さまでぜひご来店くださいませ。


電話:075-441-8333

 

 

1 / 1812345...10...最後 »