京都西陣たくみ人形の五月人形特別サイトへようこそ

たくみ人形は、京都西陣の地で昔ながらの製法にこだわって、お人形ひとつひとつ、愛情を込めて作る人形工房です。
長年にわたり、人形作りに情熱を傾けてきた、たくみ人形の有職京人形師が、直接お話を伺いながら、五月人形選びをお手伝いさせていただきますので、お気軽にお越しください。

お問い合わせは:
TEL 075-441-8333

京都の有職京人形師 槙野巧雲の「五月人形に関するあれこれ」

五月人形ってどれも同じように見えるんですけど??

京都の西陣というところで、永年にわたり、京人形の製造・卸をしております、たくみ人形の人形司、槙野巧雲と申します。

ご来店頂いたお客様に、一番良く聞かれるのが上の質問です。色々な広告を見ても、お店に見に行っても、たくさんの五月人形が並んでいて、値段も安いものから高いものまで様々で、どれを選べばよいかわからないという方がたくさんいらっしゃいます。

大切な坊ちゃんの幸せを願って飾る五月人形だからこそ、安ければよいというものでもないし、かといって高い買い物であることに違いはないし。というお客様のお声は、実際に息子を持つ親である私にもよくわかります。

これから五月人形の購入をお考えの皆様に、私たちのお人形作りに対する考えや五月人形についてお知らせさせていただくことで、五月人形をお買い求めになる際のご参考にしていただければと思います。

「色んな五月人形があるけど、どれを買うのがいいのでしょうか?」

このご質問は、ほんと多いです。
一般的には鎧や兜、鎧を着たお人形を求められる方が多く、一緒に飾り馬や虎、金太郎、桃太郎などのお人形を添えられる場合もあります。
いずれにしても、お子様の健やかなご成長を見守る、お守りとして、いつまでも大切にしていただけるようなお飾りを揃えられるのが良いと思います。
ひとつアドバイスさせて頂くなら、台や屏風の豪華さだけで判断されない方がいいと思います。えてして台や屏風が豪華なお飾りほど肝心の鎧・兜は貧相な場合が多いです。
主役はあくまでも鎧・兜やお人形ですので、実際に手にとって見せてもらいながら、色々と説明してくれるお店で買われるのがいいと思います。

また、予算が決まっている場合、同じ金額で鎧を買われるのと兜を買われるのとでは、当然のことながら兜の方がこだわった作りの良い兜が買えます。

「良い五月人形を見分けるポイントは何ですか?」

これも、お客様からよく聞かれる質問です。
おひなさまも鎧・兜も、本当の作りの良さは、後ろとか裏を見ればわかります。
そう言う部分にこそ、作り手のこだわりが現れます。
大量生産品は、表面的には同じように見えても、 見えにくい部分(裏とか後ろ)で手間を省いてあるわけです。
良い甲冑というのは、見えないところにも一切手を抜かず、丁寧に作られているものです。

例えば、兜(かぶと)なら、鉢や吹き返し(正面から見て左右に張り出した部分)の裏・ 縅糸(おどしいと)の通し方・小札(こざね・波打った板のこと)・透かし彫りの精巧さなどにその仕事ぶりがうかがえます。

「弓太刀・屏風について」

残念ながら弓太刀・屏風にまでこだわっておられる人形屋さんは少ないのが現実です。
私は、弓太刀や屏風が単なる付属品だとは考えていません。せっかく鎧や兜にこだわるのですから、この兜にはこの弓太刀が合うとか、この鎧には、この屏風が似合うとか、それぞれの飾りに合わせてコーディネートするのはもちろん、オリジナルの弓太刀や屏風も別注で作ってもらっています。

「おすすめの鎧は?」

一般的な胴の作りは表面部分の装飾しかされておりませんが、本仕立て胴は目に触れることの少ない胴の内側まで神経を配りしっかりと威しが施されています。

  • 左右に立っている首を防御する半円形の板。
  • 鎧の全面で弓を射る際、腹に弦がひっかからないようにする為の革。
  • 鎧の袖が動かないようクッションの役割をする板。

おすすめというよりも、私自身が本当に良いと思い、気に入ってるのが本仕立ての鎧です。もしも鎧サイズの人がいれば、ちゃんと着られるように精巧に作られてます。
これぞ本物!という極めて精巧な作りの本仕立ての鎧がこれ→
これぞ本物!という極めて精巧な作りの本仕立ての鎧。(上の写真6枚をご覧下さい)大きさは30cmくらいの小さな鎧ですが、見るたびにほれぼれしてしまいます。
大きな鎧はその大きさで圧倒できますが、これだけ小さな鎧で見る者を圧倒するのは、その精巧な作りのせいです。まさに家宝物。
小札(こざね)の大きさは1枚が1.9mm、そこに通っている糸は3mmで、小札の穴の数は13000個!(普通は3000~4000個くらい)。もう私が欲しくなります(笑)。本当の話、おひなさまでも一緒で、小さくて良い人形を作るのはすごく手間がかかるんです。よほど、こだわりを持った作り手でないと、ここまでは出来ません。小さくてもいつまでも大切に飾れる鎧をお求めの方には、ぴったりです。

もう一つ、私のお気に入りを紹介します。
それは燕尾形兜(えんびなりかぶと)です。
このちょっと変わった兜。みなさんが思われる兜のイメージとはずいぶん違うと思いますが、燕の尾の形に似ていることからこの名前がつけられました。
滋賀県出身で、会津若松を作った戦国時代の武将、蒲生氏郷(がもううじさと)の兜です。
なんといっても、この形がユニークで面白い。
伊達政宗の弦月形前立(げんげつなりまえたて)といって、三日月の形した前立のついた兜は有名ですが、そのライバルともいえる氏郷の兜も目立つ存在です!
何といっても、文武両道に優れていたという点も見逃せません。
親なら誰でも「わが子は文武両道に…」と願いますよね。武勇に優れ、情に厚く、教養も高かった氏郷の兜は、まさに初節句のお祝いにぴったりなんですが、ユニークすぎる形のせいか、滅多に売れません(笑)
京都にも縁が深い氏郷の兜は、ウチの店でひときわ異彩を放っています。

お気軽にご質問下さい。

お祝いする気持ちがいつまでも思い出に残るように、気に入ったものに出会っていただきたいと、考えております。

じっくりご覧頂けるように、無理な接客はいたしません。
でも、気になることや、分からないことがございましたら、出来る限りお答えさせていただきますのでお気軽に声をかけてくださいませ。

※メールでのお問い合わせはこちらから

工房直販会のお知らせ

期間:5月1日まで無休
時間:午前10時〜午後6時
お問い合わせは:TEL 075-441-8333

アクセス・お問合せ

map_2

takumi_access_photo

会社概要

会社名:有限会社 たくみ人形
住所:〒602-8475
京都市上京区千本通五辻上ル牡丹鉾町552-3
代表取締役:岡田 次雄
電話:075-441-8333
FAX:075-441-8334

営業時間:10:00~18:00

定休日:

5月2日~11月 / 土・日・祝日及び不定休
12月~5月1日 / 水曜定休
(3月4日から五月人形との展示替えのため、お休みさせていただく場合もございます。詳しくはお問い合わせください。)
定休日でも前もって連絡いただければご案内させていただきます。
メールフォーム:こちらから

各交通期間からのアクセス方法

「千本上立売」下車

JR京都駅より

-A3乗り場 市バス『206系統』(北大路バスターミナル行)
-地下鉄烏丸線『今出川』駅下車 3番出口 → 西行きバス停より市バス『59系統』または『タクシー』乗車(約15分)

・阪急電車『四条大宮駅』より

北行きバス停より 市バス『46系統』『6系統』『206系統』

・地下鉄『今出川駅』より

西行きバス停より 市バス『59系統』

・JR『二条駅』より

北行きバス停より 市バス『46系統』『6系統』『206系統』

「千本今出川」下車

・京阪電車『出町柳駅』より

西行きバス停より 市バス『201系統』『203系統』

・京福電車北野線『北野白梅町駅』より

東行きバス停より 市バス『203系統』