ホーム > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

12月からは無休で営業いたします。

いつもお引き立て頂き誠にありがとうございます。

なにぶん小さな工房ですので
店内が混み合い、
ご対応までお待たせする可能性も
ございます。

特に弊店は一組ずつのお客様に
わかりやすくご説明しながら
対応させていただきたい
と考えておりますので、
小さいお子様とご一緒のご来店、
できるだけご負担のかからぬよう
楽しくお雛さま選びをして頂きたいと
思います。

そこで、
事前のご予約を頂けますと
お待たせすることなくご対応させて頂くことができます。

時間帯によりましては、
ご予約なしのご来店でも対応できますのでご安心ください。

「お雛さま選びもかけがえのない
 思い出になりますように。」

ご協力よろしくお願いいたします。

~*~*~*~*~*~*~*~*

定休日:土・日・祝日(11月末まで)
(承れる場合もございますのでご相談ください。)

12月からは無休です。

営業時間:午前10時から午後6時

TEL  :  075-441-8333

<<<<<<<<>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

「令和 御大礼雛」のご予約を始めます。

10月22日の「即位礼正殿の儀」、
「黄櫨染御袍を着用された天皇と雅子さまの十二単」
のお姿が話題になりました。

新雅子さま

何というても特別なのは、
雅子さまの十二単の文様が
今までの有職文様を新しく意匠化した
文様であったということ。

これは織屋さんの腕の見せどころでもあります。
細部にわたって再現するのは至難の技。
かつてない文様なんですから、、、

そんな織屋さんの事情で裂地が
少量しか織り上がってきいひんので
ちょっとだけ、
「令和 御大礼雛」をお誂えいたします。

裂地に目途がついた本日より、
「令和 御大礼雛」ご予約を始めます。

令和の新時代に相応しい天皇と雅子さまのお姿を
再現したお雛さまです。

身守りとして、お傍に置いていただきたく思います。
(女雛のみのご予約も承ります。)

限定数のお誂えとさせていただきます。
ご了承くださいませ。

尚、お渡しはご用意が整い次第のご連絡となります。
(約2~4ヵ月のお時間を頂戴いたします。)

詳しくはお電話もしくはお問い合わせフォームから
お尋ねください。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

<大切なお知らせ>「京ひな人形工房直販会」*お雛さまのご予約を承っています。

ご注文いただいてからお雛さまを
ひとつずつ丁寧に手作りしてお届け
するため、お時間をいただきます。

展示品をお届けしたり
前もって倉庫にストックしておいた
雛人形をお届けすることはありません。

 

  *お届けまでの流れ

ご来店・・・
詳しくはこちらをご覧ください。
  
ご注文・・・弊店のお雛さまの特徴を
わかりやすくご説明します。

*お好きな男雛・女雛を選んで組み合わせることが
できます。

*お衣裳を選んでいただき、立雛をお誂えすることも
できます。
 
製 作・・・ご注文いただきまし
た雛人形を丁寧に手作りいたします。

*時期によりますが、
目安として2~4ヵ月のお時間をいただきます。
 

お届け・・・1月末から2月初旬の
お届けを希望される方が多いです。
      

立春にお飾りいただく場合、
年内早い時期のご注文をお願いしています。

ご注文頂きました順番に余裕を持って
お作りすることが出来ますし、
お色目の変更を承ることもできます。

早めのご来店お待ちしております。

~*~*~*~*~*~*~*

定休日:土・日・祝日(11月末まで)

(承れる場合もありますので、
 前もってご相談ください。)

12月からは無休です。

営業時間:午前10時より午後6時

TEL : 075-441-8333

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

ご遠方のお客さまへ

「京都で作って京都で売るを守る」

というブログを更新しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

ご来店いただく前に、「美しい佇まいを作る」と「京ひな人形へのこだわり」のページをお読みください。

日々、お客さまとの出会いを楽しむ女将です。

ご来店いただくお客様へ、、、

大胆かつ、思い切ったお願いがあります。

工房のホームページにあります、

お雛さまの美しい佇まいを作る」と「京ひな人形へのこだわり

のページを必ずご一読いただいてからご来店いただきたく、

と申しますか、、、

「必ず隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」

(うわぁー、思い切って言うてしもた(^-^;)

という、大胆なお願いをする理由。

毎年、

「毎週、何軒もお人形屋さん巡りして、疲れてしもた~」

「もう、何を基準にして雛人形を選んだらいいのか、わからへん、、」

というお客様のお声を耳にすることが多く、

雛人形選びが難行苦行になってしまっているという現実。

お嬢ちゃんのせっかくの初節句をお祝いするお雛さま選びなんですから、

もっと楽しく効率よく、

雛人形選びをしていただくために、

あえて思い切ったお願いをさせていただきます。

「隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」

必ず「雛人形の選び方」の参考にしていただけますよ!!

どうか、「お雛さま選びも楽しい思い出になりますように。。。」

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

 

男雛・女雛の並べ方と高御座・御帳台

「関東雛と京雛の違いは?」
とか
「雛人形の並べ方」
とか
「お内裏様とお雛さまは左右どちらに飾るの?」
とか
「男雛・女雛の並べ方」
とか
雛人形の並べ方についてよくご質問いただきます。

先日の「即位礼正殿の儀」での高御座・御帳台は
向かって左に天皇陛下、右に雅子さまでしたね、、、

高御座2

昭和天皇の即位礼から、
西洋に倣(なら)って現在の並び方になったということです。

それ以来、東京の雛人形屋さんが西洋式を取り入れ
向かって左に男雛、右に女雛を飾るようになりました。

しかしながら
京都は都が京都にあった時の倣い(ならい)のまま
向かって右に男雛、左に女雛を飾ります。

それは京都御所の紫宸殿が南向きに建っているので
向かって右が東になり、日が昇る方角ということで
位が高いと考えられていたからです。

令和即位礼の高御座(たかみくら)御帳台(みちょうだい)
の天皇陛下と雅子さまの並び方を見て、
「うちのお雛さまと反対や! なんでかな?」
と思わはった方も多いのではないでしょうか、、、

「関東雛は向かって左に男雛、右に女雛」
「京雛は向かって右に男雛、左に女雛」
を飾るようになったのは、昭和天皇の即位礼以降のことです。

関東と京都の雛人形にも文化の違いが表れてるって
おもしろいですね!

今回の即位礼で再認識できた出来事でした。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

ただ今工房では
「2020年度京ひな人形工房直販会」を行っています。

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

祝賀御列の儀、仲睦まじいお二人の姿。

今日は「祝賀御列の儀」、パレードが行われました。

雅子さまはこれまでの道のりに想いを馳せ
感慨深いお気持ちでこの日を迎えられたことと思います。

涙ぐまれたお姿がとても印象的でしたし、
晴れやかな笑顔を拝見して勇気をもらった方も
多いことと思います。


陛下の穏やかで深い慈愛の心で
雅子さまをお守りして来られたのでしょう。
(皇后陛下とお呼びするよりも雅子さまと
お呼びしたくなるわたし。。。)

仲睦まじい天皇皇后両陛下のお姿は
幸せの象徴のようです。

以前、偶然にも宇治の黄檗山「萬福寺」で
美智子さまと天皇陛下(現在の上皇、上皇后さま)
にお会いしたことがありました。
ほんまに後光が射してましたもん。

今日のパレードでお二人のお姿を目の当たりにした人たちは、
あまりの神々しさに思わず手を合わせはったに
違いないと思います。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

現存する最古の公家住宅「冷泉家住宅」に行ってきました。

三連休最終日、京都は快晴の気持ちのいいお天気。

京都非公開文化財特別公開期間中の4日、
「冷泉家住宅」を参観してきました。

冷泉家

普段は同志社大学の一部のようにもみえますけど、
江戸時代初めに現在の場所にお屋敷を構えたということです。

明治時代になって
ほとんどのお公家さんは天皇と一緒に
東京に移らはったことで公家町はなくなり、
跡地は外周に石を積んで京都御所として
整備されたという歴史があります。

その中で冷泉家は京都に残らはったので
公家住宅として唯一現存し、
重要文化財に指定されています。

特に「冷泉家時雨亭文庫」は
和歌に関する多くの古文書を収蔵しており
冷泉家の信仰の対象になっているということです。

冷泉家が京都御所の北に位置することから
風水の四神相応、玄武(げんぶ)の留蓋瓦(とめぶたがわら)
が阿吽(あうん)を対にして表門の屋根の両隅についているのも
京都らしいな、、、と感心しました。

白虎

残念ながら屋内は撮影できませんでしたが
昭和天皇の即位礼の際、京都御所で行われた御大礼で
第二十二代ご当主が着用した束帯と礼冠(らいかん)
の展示も見応えがありました。

中国伝来の縁起のいい麒麟(きりん)が中央に見えます。
(「拝観の手引」より引用しています。)

礼冠

京都の秋は文化財や芸術を堪能できる
絶好の機会です。

もうすぐ紅葉も見頃を迎えますしね、、、

そうだ!京都行こう」の季節がやってきます。
ミモロの京都案内も見てね~ミモロ)

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

 

みもろ雛のお披露目です!!

8月に工房に遊びに来てくれた
「京都観光おもてなし大使」ネコのミモロちゃん。

「ミモロもお姫さまになりたい~」というミモロちゃんのひと言で
みもろ雛を作ることになったのです。

あれからあっという間に3ヵ月近く、、、

皆さま~、大変永らくお待たせいたしました!
ついについに、「みもろ雛」完成!!!

この日を待ちわびていた女将、
だって前々からミモロちゃんの大大ファンなんですもの、、、☺

もうね、ほんとに可愛いの!
ミモロちゃんとお友達のハンス君のお雛さま。

おまけに十二単と衣冠束帯のお衣裳が
着たり脱いだりできるという本式仕立て。

ミモロちゃんは、
「京都観光おもてなし大使」でもあり
「ほんまもん」を見極めるという
本物志向のネコちゃんですからね、
気合を入れて思う存分「ほんまもん」を追及しましたよ、もちろん!

何回見ても可愛い過ぎるぅ~~
女将に語り掛けてくれるんです、ふたりが、、

来年の「ミモロちゃんカレンダー」にも
登場することが決まっています。

た・の・し・み~♬

詳しくは
ネコのミモロのJAPAN TRAVEL

をご覧くださいね!

京都観光情報も満載、とっても楽しくて可愛いブログです。
いっぺんにミモロちゃんファンになること間違いなし!

※集英社さんのWEBマガジン「OurAge」ライフ大人旅
でもご紹介いただきました。

<<<<<<<<>>>>>>>>

雛人形 五月人形は京都 西陣 たくみ人形

 

 

皇室にも伝統と革新

今日は11月のお朔日、
霜月の始まりです。

西陣の氏神さん、今宮さんにお参りし
「毎日健康に暮らせてありがとうございます!」
といつも通りにお礼を言って気分爽快。

今宮神社

令和元年もあと2カ月。。。

10月22日の「即位礼正殿の儀」に続いて
今月10日には「祝賀御列の儀(パレード)」が行われ
14日には「大嘗祭」が、、、
皇位継承の儀式が相次いで行われます。

先月22日の即位礼正殿の儀の日、
雅子さまの十二単についての女将のブログ
の中の、

*テレビで見る限り、
唐衣:立湧地向鶴文様(萌黄)
表着:四花菱浜茄子文様(紫紺)
のようにお見受けしました。(あくまで女将予想)*

この女将予想がほぼ見立て通りやったという自画自賛(笑)
「わたし、なかなかやるやん!おほほほほ」

実際には、
唐衣:小葵地向鶴文様(萌黄)
表着:三重襷浜茄子文様(紫紺)
の十二単をお召しでした。

この文様が今までの有職文様にない
令和様式の新有職文様やったので、
織屋さん達は大慌て、、、

型を作るところからのスタートなので、
いつ織り上がって来るのかやきもきする毎日です。

皇室にも伝統と革新の融合、
凄いことですね!
画期的な出来事です。

<<<<<<<<>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形