ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り

西陣からの便り

母のデータ力

先代と母がまだ現役で工房にいた頃、接客は主に

母の担当でした。

お客様のお顔とお名前、ご注文いただいた

おひなさまを全部覚えていて、

後にご来店いただいた時にも、すぐに

「あぁ~OO様ですね・・・OOにお届けさせていただき

ましたねぇ」

などと即座に頭の中のデータを取り出さはるので、

お客様からの信頼は絶大でした。

それに比べてわたしは、なかなかお顔とお名前が

一致しいひんし、物覚えが悪いのか、お尻が青いのか、

まだまだ母には追いつけへんなぁ~とつくづく思います。

うちでおひなさまをご注文いただいたお客様とは

感性が合うというか、価値観が合うというか、

「心が通い合う」んやと今年もやっぱりあらためて

そう思います。

せっかくいただいたご縁なんやし、末永い

お付き合いをさせていただけるように、

心しんと罰があたりますねぇ

母を見習わんとあかん・・・

 

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

京都 高島屋の仙太郎。

今日は、寒いですねぇ~、もう事始めです。

本格的な冬が とうとうやってきました。

こんな寒い日は、こたつに入って

お饅頭でも食べてほっこりするのが

一番し・あ・わ・せ!・・・


ということで、

わたしはさっきから 、昨日京都 高島屋の仙太郎で買うてきた

栗蒸し羊羹と柚子巻きを食べて

しあわせをかみしめてたところです。


あぁ~ほっこりするわぁ~~~^^


<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

お客さまと一緒にHAPPYになる!

わたしはいつもお客様と接する時に

心がけていることがあります。

それは、もし、わたしがお客さんなら

どうしてほしいのか・・・

ということです。

こんな経験ありませんか?


・・・店員さんが、見てる後からかたずけていく。

・・・いろいろ聞きたいことがあるのに

   面倒臭そうに適当にあしらわれる。

・・・いつまで迷ってんの?

   みたいな態度をされる。

・・・店員さん同士でめちゃくちゃ盛り上がった

   はってお客さん全く無視のお店。

・・・そうかと思えばゆっくり見たいのに

   しつこくつきまとって来る。

・・・買わないとわかるやいなや、急に

   不機嫌になってあからさまに態度に出された。


どれもこれも 気分が悪いですよね~~


たとえば、きれいなお店を見つけたら

買わへんでも入ってみたいし、

そのお品のこと、いっぱい知りたいし、

プレゼントする相手さんのこと

思い浮かべて、あの方やったら

一番何喜んでくれはるやろかと

思えば思うほど迷ってしまうし・・・


そういう時、わたしならどうしてほしいやろか?

ということをいつも考えてお客様と

接するよう、心がけてます。

まだまだ、至らへんことだらけやと

思いますけど、そういう思いだけは

絶対負けへんつもりです。


気持ちのいい、元気な挨拶で

お客様をお迎えする!のも大事ですよね。


お客様によろこんでいただくとめちゃくちゃ

うれしいし、その日は一日中、

なんかしあわせ~~~な気持ちになって

ハッピーですもん!!

 

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

 

雛人形作りの道具。

わたしらは 毎日ごくごく普通に当たり前に

使うてる道具ですけど 一般のお客様が見はったら

「これ何に使うの?」

て言う道具もいっぱいあります。

 

Photo

アルコールランプ。

衣裳を着せ付けたら頭をつける前に

「毛焼き」をします。

毛焼きというのは、

裂地の毛羽立ちをはさみで切るんではなく、

ちょっとずつ焼いていくんです。

アルコールランプの炎がちょうどええ強さやと

思います。

そやけどすごい神経を使う瞬間なんです。

油断したら 焦げてしまいますし・・・

主人が毛焼きしてる時に話しかけたら、

怒られますもん!!

中には全く毛焼きしはらへんかったり、

ライターの火でしはったりするお店もあるみたいです。


アルコールランプ・・・主張は控えめやけど、

実は大事な道具の一つなんですよぉ~

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

雛人形作りのMy道具。

今日は 道具たちをご紹介します!!

103_0350_2 

いろんな種類の棒や竹べらが並んでいます。

おひなさまの衣裳を着せ付ける時 何せ細かい

作業になりますから 手の入らへん 小さい隙間に

木毛(もくめんともいいます)や綿を詰めるのに

使うたり、形付けたりするのに使うたりします。


先代が引退するときに

「これ使いやすいさかい、あげるわ!」

言うて 譲り受けた、年季の入ったもんもあります。


ただの棒や、へらに見えますけど、

実は 使いやすいように 手になじむように

微妙に削っては調整するんですよ!!


そやさかい、手に合う角度とか太さが

みんな違うんです。



実はすぐれもんの「棒たち」なんです!!


もし失くしたら、又作ったらええやんか!と

思わはるかもしれませんけど、そう簡単には

手になじまへんので、「my棒」は大事な「ai棒(相棒)」

なんですよ!(うまい!座布団1ま~い)笑

 

 おやじギャグですんません^^;

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

リアル雛人形で笑って楽しく!

前日までの雨も上がり、「福福会 暮れの笑い上戸編」
を開催することができました。

会場のちおん舎さんが素敵すぎるぅ~~

ちおん舎2

ちおん舎3

受付

先ず、私のトーク
「雛人形と笑い上戸、ひいな遊びーお正月編ーについて」。

今回の「看板娘看板笑い上戸さん」のご紹介。

「平成最後のお正月、笑い上戸と縁起物を飾って笑って福を呼びこもう。」
というゆるゆるまったりした福福会。


看板上戸


「サラリーマン狂言」で話題沸騰中の河田全休さんの狂言は、
‘‘笑い上戸と狂言の初コラボ”
ということで今回書き下ろして下さった初演目
をご披露くださいました。

笑い上戸になりきっての大熱演。。。

河田さん2

その後、龍笛奏者水谷真介さんの登場。

水谷さんはいつも自己紹介する時、
わかりやすく「雛人形の五人囃子です。」
と言うたはるそうで、
今回の依頼を聞いた時「ついに五人囃子のオファーが来たぁ」
と驚かはったということです。

最近は住宅事情や飾ったり仕舞ったりが面倒、
という理由ですっかり登場する機会のなくなった五人囃子。
で、昨日は特別に漫談もご披露くださいました。

題して「リストラされた五人囃子」。
うけるぅ~~!!

水谷さん

思わずぷっ!と吹き出す笑い、そう来ましたか、、、
という笑いで参加者の心をわしづかみ。。。

最後にワークショップ。
狂言の笑い、泣き、怒りの型をみんなでやって大盛り上がり。

泣きの型

雛段の前で15人の雛人形とリアル笑い上戸、五人囃子との
記念撮影。

これは実にレアな画像ですよ、皆さん。。。笑

五人囃子

最近家族や周りの人たちとの関係性が
どんどん希薄になっていると感じています。

うちでお雛さまをお作りさせていただいたお客さまから
お写真やおたたかいお手紙をいただくんですが、
皆さんとっても幸せそう、福福しい笑顔なんです。

福福会では、季節の移ろいを大切な人とお祝いしたり、
人が集まって笑って福々しい笑顔になる機会を
もっともっと作っていこうと思っています。

次回のご参加お待ちしています!

 

<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は京都 西陣 たくみ人形

師走ですねぇ~

今日は快晴で空は真っ青・・・

ほんまに気持ちのええお天気でした。

7日、8日は千本釈迦堂の「大根焚き」です。

熱々のお大根をいただいて、中風除けや無病息災を

お祈りしに、たくさんのおばあちゃん達が工房の前を

通らはります。

毎年のことですが、「師走」を感じる光景です。

その帰りに「釘抜きさん」に寄って、お参りしはるのが

お決まりのコースです。

ほんまに健康第一、どのおばあちゃんもみんな

お元気です!!

「ちょっと、あの亥かわいいなぁ~。帰りに寄ろかぁ~」

とかワイワイ言いながら、

楽しそうに歩いて行かはります。

でも、おじいちゃんが少ないような・・・

 

<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

平成最後の年の暮れ。

今日の京都は朝から久しぶりの雨。

ずっと小春日和のいいお天気が続いていました。

もう12月ですね、、、カレンダーも残りあと1枚。

お買い物に行ったら、白味噌やごまめ、棒鱈とか、

お正月の食材が並んでていっぺんに気忙しなります。

買わなあかんような気がしてあせるぅ~~。

クリスマスソングも流れてて、、、

なんかごちゃ混ぜ。。。笑

でも、年末であることに変わりはない!

平成最後の師走。

前もって年号が変わることがわかってる、って感慨深いものがありますね。

ご大礼

 

工房では12月から、土・日・祝日も無休で営業しております。

水曜日のみ、制作に集中する日としてお休みをいただいておりますが、

もしご来店ご希望の場合、

事前に(2,3日前までくらい)ご連絡いただきましたら

ご対応させていただけます。

ご注文を頂いてからお誂えさせていただきますので、お時間を頂戴します。

早めのご来店をお待ちしております!

 

 

<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>

ひな人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形で

 

京都 平安時代の朱雀大路。

うちの工房は京都の西陣にあります。

工房の前の千本通りは、かつて平安京の 

メインストリート朱雀大路(すざくおおじ)やった

通りで平安時代の都の中心でした。

この辺りを、十二単衣や束帯姿の

大宮人が、輿や牛車に乗ったり、歩いたり

したはったんかと思うと、なんとも雅ですね~

今は、千本通りをずっと東に行った烏丸通が

メインストリートになってしまいましたけど、

西陣は今もずっと織物の町として生き続けて

います。通りを一本入ると普通のおいえの

中から、織物を織ったはる音が聞こえてきます。

織物屋さんもいっぱいあります。

100_0854 100_0861

大黒町辺り  風情のある石畳の道です

100_0869

うちのおひなさんにも、当然西陣織をつかいますから

場所柄、ええ織物にめぐりあわせてもらえる機会が多く

ほんまに恵まれた環境やと思てます。

ありがたいことです!

131_3138_2 131_3140

「お世話になってる織物屋さんの、色糸の入った棚」

あんまりきれいやったし、お願いして撮らせてもらいました。

きっと、100色以上あるんとちがいますか・・・・

こういう糸が複雑にたて・よこ組み合わさって

素晴らしい織物ができあがるんですねぇ

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

京都の穴場観光のご紹介。

今日の京都は朝から曇り空。
いつ雨が降り出してもおかしくない空模様です。

さて今日は、工房の近くの、ガイドブックに

載っていない(と思います笑)お寺の

ご紹介です。

千本今出川の交差点をちょっと西に行った

所に「浄土院」というお寺が目立たず、

ほんとにひっそりたたずんでいます。

このお寺、御本尊の阿弥陀如来像が

重要文化財という実に由緒正しい

お寺なんですけど、その通称が

変わっていて、「湯たくさん茶くれん寺」

というんです。

なんで???

と思うでしょ?

実は、「北野大茶会」に向かう途中に

このお寺に立ち寄った豊臣秀吉が

茶を所望しはったんですけど、住職さんは

「わたしなんかのお点前でお茶を出すなんて

めっそうもない」と、

井戸の名水を沸かした白湯(さゆ)ばかり

出さはったらしいんです。

待てど暮らせど、湯ばっかり・・・

湯たくさんで茶くれへん・・・

湯たくさん茶くれん・・・

湯たくさん茶くれん寺・・・


バンザ~イ!バンザ~イ笑

となったという事です。

今もその井戸は残っているらしいですよ!


いや~歴史っておもしろいですなぁ。。。

というわけで、ガイドブックに

載っていない(はずの)お話でした笑

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形