ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り

西陣からの便り

即位礼正殿の儀

今日はいよいよ待ちに待った「即位礼正殿の儀」。

たかみくら

皇太后雅子さまの十二単のお衣裳が今日まで一切㊙ということで
本日の即位礼まで全く知る術がなかったのです。

京都のどの織屋さんに聞いても「まだわからしませんねん汗」
という返事が返ってくるばかり。。。

御帳台の帳が開いたその時、私の目は雅子さまの十二単に釘付け。
今日やっとそのお衣裳を目の当たりにすることができました♡

新雅子さま

平成の「即位の礼」で上皇后美智子さまが着用された
お色目と逆パターンのお色目。

美智子さん

「お雛さまみたいです。」
とか、
チェコから来た女性は
「日本の伝統衣装の素晴らしさに改めて興味を持ちました!」
と言うたはりました。

即位の礼のおかげで「十二単来た~~」
お電話での問い合わせも頂きました!
影響力大なり!

テレビで見る限り、
唐衣:立湧地向鶴文様(萌黄)
表着:四花菱浜茄子文様(紫紺)
のようにお見受けしました。(あくまで女将予想)

明日から早速「令和 御大礼雛」の下ごしらえにとりかかれます。

それにしても儀式の始まる13時には、
あれだけ降ってた雨がぴたりと止んで
晴れ間が見えてきたのにはびっくり!

虹もかかっていたとか、、、

「やっぱり日本には八百万の神さまがいてはる!」
と確信したわたしでした。

天照大神さま~~笑

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

 

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

上賀茂神社の「重陽の節句」神事と烏相撲

中国の陰陽説では、奇数を陽の数、偶数を陰の数と考えています。

今日9月9日は「最も陽が重なる日」、
とってもおめでたい日とされています。


菊が不老長寿の薬とされていたこともあり、
菊の香りを移した菊酒を飲んで長命を願う風習がありました。

この風習と菊の花が日本に伝わり、平安時代には宮中の行事となりました。

江戸時代になると五節句の一つ「重陽の節句」に定められたということです。

女将は真夏のような暑さにもめげず行ってきました、
上賀茂神社の「重陽神事と烏相撲」。

「カーカーカー、コーコーコー」
上賀茂神社につたわる八咫烏(やたがらす)の神話にちなみ、
刀祢代(とねだい)が禰宜方(ねぎかた)と祝方(ほうりかた)に分かれ
烏を演じるという、なんとも見どころたっぷりな奉納でした。

重陽1


お待ちかね、菊酒の授与もありましたよ!!

菊酒


なんとも雅な斎王代と子どもたちの真剣な相撲の奉納も。。。

斎王代


それにしても今日は季節外れの酷暑の重陽でした。
熱中症ならなくてよかったよかった汗


<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

季刊誌「るると 秋号」にご掲載いただきました。

朝晩過ごしやすくなりました。
今日から9月、長月の始まりです。

女将の五感センサーが秋の気配を感じる今日この頃。。。

食欲の秋、爆睡の秋はすぐそこまでやってきています(女将談)

 

さて「日本きものシステム協同組合」様の季刊誌「るると」にて

「雛人形をとおして知る 日本の文化 ひいな遊び」

夏号に続き、秋号にもご掲載いただきました。
(夏号はこちらをご覧ください。)

 

 

るると秋

 

またまた、見て楽しい、読んで納得の構成で、
菊と五人囃子が秋の季節感にぴったりです。

9月9日は重陽の節句。

一足お先に「重陽の節句」の室礼(しつらい)をお楽しみください。

夏、秋、冬、春号と四季に合わせた「ひいな遊び」、
新しい文化の発見です!(女将談)

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

 

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

「宮廷文化に触れ、感じる装束の世界」~御大礼を彩る装束の歴史について~

この前、
「宮廷文化に触れ、感じる装束の世界」
~講演会と着装実演~
が京都産業会館で行われました。

女将は長女と一緒にお勉強に行ってきました。

~以下リーフレットより抜粋~
【京都は千年以上もの長きにわたり都として栄え、
雅な宮中文化が育まれ、東京の皇居以外に
唯一現役の御所があります。
本年は天皇陛下のご即位に係る御大礼が行われることから
御大礼を彩る装束についての講演会と
着装の実演を通じて宮廷文化に触れ
感じていただける行事を開催します。】

<感想> 期待以上!! 素晴らしい!! 奥が深い!!

あのう、、、
非常に失礼ながらですね、
退屈するん違うかな、、、
ガラガラなん違う?
とか言いながら
あんまり期待せずに行ったんですね、、、

そしたら、会場は空席もなく満員。
講師の先生のお話が面白くてお話上手で
退屈するどころか聞き逃すまいと必死。

会場に入った途端、黄櫨染御袍
(こうろぜんごほう)が目に飛び込んできて
「わぁ~黄櫨染やぁ~!!」
と、長女とわたしは思わず目と目を見合わせました(きらきら✨)

黄櫨染御袍は来月10月の即位の礼で天皇が着用される
お衣裳です。

その時点でモチベーションMAX。

王朝文化講座2

黄櫨染御袍って実は、、、
明治天皇の時から即位礼に着用されるようになった
らしいです。

王朝文化講座4

平安時代から江戸時代までは
「袞冕十二章(こんべんじゅうにしょう)」
という天皇の礼服が即位の時に着用されていたそうです。
(上記写真)

明治時代になり服制が日本風に改められて
「黄櫨染御袍」を着用するようになった、
ということです。

知らんかったわぁ~~✨

完全に唐風ですよね、、、
近くで見ると見事な刺繍が施されていて感動でした。

こんなに近くで見られるなんて、夢みたい。。。
なんてラッキーなんでしょう!

王朝文化講座1

その後十二単と束帯【闕腋袍(けってきほう】
の着装実演がありました。

束帯闕腋袍(けってきほう)って雛人形で言うたら
隋臣(この場合は右近衛府)に近いかな、、、

会場に来られたこれだけたくさんの方が、
宮廷文化と装束に興味を持ってくれたはるんやなぁ、
と思うと
感慨深くて
それだけでもう胸がいっぱいになりました!!

途中退場する方もなく、
係りの方がおっしゃるには
「入場ハガキを忘れた人が一人もいない」
「途中居眠りする方も一人もいなかった」
とびっくりされていました笑

細部までお写真を撮らせてもらい、いっぱい賢うなって
大満足の2時間でした。

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

 

雛人形 5月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

 

「京ひな人形のお話と西陣で愉しむ五山の送り火の会」ご参加ありがとうございました。

昨日16日、心配していた台風の影響もなく
「京ひな人形のお話と西陣で愉しむ五山の送り火の会」
たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

女将は朝から
衣笠の法音寺さんへ「護摩木」の奉納に行きました。

左大文字

衣笠街道町の保存会の方たちが、交代で親火の番をしてくれたはります。
暑い中「お疲れさまです!」のひと言。。。
全く頭が下がります。

今年も親火の消し炭を頂いたので、半紙に包んで紅白の水引をかけ
ました。
玄関に下げておくと、
厄除け・無病息災・家内安全のご利益があるといわれています。

午後からは
お越しいただくお客さまをお迎えする用意。

17時からは「京ひな人形のお話と大文字について」、
その後は、二つのコースに分かれて【たくみ特製 西陣散策MAP】
を頼りに皆さん思い思いに西陣の散策を楽しまれたようです。

女将と一緒に左大文字の松明行列に参加される方とは
千本北大路で合流しました。

左大文字松明

参加された皆さん、初めてまじかで見る左大文字の点火の軌跡を
目の当たりにして
「こんな行事が行われてるなんて初めて知りました!」
とか、
「めちゃくちゃ勇壮ですね、興奮しました。」
とか、
「松明行列に参加することで自分も一員になった気分です!」
とか、
「ご先祖様が還って行かれるんやなと思って
神聖な気持ちを実感しました。」

と、皆さん興奮気味に感想を伝えてくれはって
「喜んでくれはってよかった~」と一安心しました。

遠方からもご参加くださった皆さん、
本当にありがとうございました。

今年参加できなかった方も来年こそ是非ご一緒しましょう。

絶対興奮しますよー、血が騒ぐこと間違いなし!!
今まで遠くで見ていた大文字を身近に感じるチャンスです。

それにしても大文字の日には雨が上がる確率高し。
京都の奇跡。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

京都の大文字の本当の意味。

梅雨明けした途端、毎日猛暑の京都です。

梅雨のあいだいつになく涼しかったので、
「今年の夏はきっと涼しいんやろなぁ」
と油断してたさかい余計暑さが堪えます汗

お墓参りいつ行こ、、、熱中症なるわ、、、
涼しい日を見計らって行こ、、、

と思案してた女将ですが、
台風が来る前に思い切って行ってきました。

大文字13日

台風が来る前の大文字山です。

今年は護摩木の奉納が中止になってしまいましたね、、、
保存会の皆さんのおかげ様で毎年
ご先祖をお送りすることのできる有難さ。

お盆のあいだ、十二坊さんの鐘の音が聞こえています。

京都が、
目に見えない一つの気で包まれるような
そんな気さえする大文字の日は
京都人にとってはやっぱり特別な一日です。

心静かに厳かにご先祖様をお送りしたいと
思います。

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

 

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

ザクロのとりこ。

ザクロ

ご近所のザクロの実が可愛く実っています。
お庭に実のなる木があるってほんま羨ましい。

長女の通っていた幼稚園の園庭にね、大きなザクロの木があったんです。
で、
熟した実を木に登って自由に食べてよかったんですね、、、
ザクロの食べ放題。

木に登って、ってお猿さんみたいやけど、
そんな微笑ましい光景、好きですわたし。
子供はこうでなくっちゃ、、、ね!

こういう時にこそ子供の持つパワーが発揮されるんです。

我が家の長女は、先生が
「結衣ちゃん、お腹大丈夫ですか?」
と心配してくれはるくらい
夢中で食べていたことを思い出します。
(天真爛漫そのもの、、、ザクロのとりこ笑)

はじけた実の種は宝石のルビーみたいに輝いて
きれいですもんね、、、

ザクロを見るたびに思い出す、今から20数年前のお話です。

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

 

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

京都観光おもてなし大使、ミモロちゃん来る!!

「きゃぁ~、ミモロちゃんやぁ~。
ようこそいらっしゃいました!」

可愛すぎて、すっかり舞い上がってしもた女将。。。

「京都観光おもてなし大使」にネコで初めて認定された
ミモロちゃんが工房に遊びに来てくれました。

色々なことに果敢に挑戦して京都の情報を発信してくれる
好奇心旺盛なネコのミモロちゃん。

もうね、ほんとに可愛いの、、、
純真であどけない表情が、女将の乙女心をくすぐるの。。。(キュン♡)

麦わら帽子、ジャンパースカートに皮のリュックサック(飴ちゃん入り)
お靴はサンダルという、ノスタルジックなお出かけスタイルも和む~~

 

ミモロ1(小)

お衣装の仕立ての手元をじっと見つめるミモロちゃん。
「お手伝いしたいなぁ~」

mimoro最小

せっせせっせとお手伝い~~♬

ミモロ1

お着替えして振袖姿もお披露目してくれました。

ミモロ3

西陣織の反物にまたがってちょっと自慢げな
おてんばミモロちゃん。

ミモロと女将2-01

女将とのツーショット。

ミモロちゃんを抱っこするとHAPPYになる、
ともっぱらの評判、福招きネコのミモロちゃん。

「又来るからね~」と帰って行く後ろ姿を見送りながら
おセンチになった女将でした。。。

ミモロちゃん、楽しい時間をありがとね~

 

※ミモロちゃんのブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL
は京都の人気ランキング1位。
「見てね!」~ミモロ

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>

 

雛人形 五月人形は 京都  西陣 たくみ人形

 

「京ひな人形のお話と西陣で愉しむ五山の送り火の会」を開催します。

大文字のお話

すでにお知らせしておりますが、
お盆の帰省期間限定で、雛人形の先行ご予約を承ります。
(詳しくはこちらをごらんください。)



期間中の16日には、
「京ひな人形のお話と西陣で愉しむ五山の送り火の会」
を開催します。

お盆に帰って来られたご先祖様を
無事あの世へと送る大文字の送り火。

京都人にとっては
厳かな気持ちでご先祖に手を合わせ感謝する
特別な一日です。

ふだんなかなか聞けない京ひな人形のお話と
「たくみ流!五山の送り火MAP」
で、西陣の地元民ならではの味わい方をご紹介します。

ご家族や親戚が集まるお盆だからこそ、
「京ひな人形のお話と西陣で愉しむ五山の送り火」
は夏の思い出作りに最高!(冷茶・茶菓・女将付き・・・わぉ!)

ちょっぴり涼やかな夕方の時間帯、
ご家族やお友達と
思い出に残るお盆の1日をお過ごしください。

==================

17001800  
京ひな人形のお話と大文字について
1800〜  
西陣エリアの散策と五山の送り火鑑賞

鑑賞コースは下記2コースです。
松明行列参加コース(左大文字)・・・
女将もご一緒いたします!

船岡山鑑賞コース(鳥居形以外4山)・・・
各自MAPをご覧いただきながらご参加ください。


*集合場所:西陣 たくみ人形
*アクセス:京都市バス「千本今出川」下車徒歩3(公共交通機関でお越しください)
*参加費:無料
*定員:10名(最小催行人数があります。)

<冷茶・茶菓付き>
<12日までにホームページの
お問い合わせフォームに参加希望と書いてご予約ください>


===================

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

 

七夕(しちせき)のお飾り。

もうすぐ七夕。

五節句のうちの、七夕(しちせき)です。

昔の人は季節の変わり目に悪い邪気が入って来ると考え
季節の食べ物をお供えしたり、
又、お香を焚いて詩歌を楽しんだり
技芸の上達を願ったりしました。

禊(みそぎ)をして厄を祓う、
という平安時代からの習わしです。

現在では、五色の短冊に願い事を書いて笹につるしますが、
笹や竹には昔から不思議な力があるといわれてきました。

神聖な植物ですのでそこに神を宿すことができる、とも言われています。

工房でも七夕のお飾りをしてみました。

七夕の飾り

 

七夕3

 

お雛さまは織姫と彦星に見立てた白いお衣裳で。。。

五色の紐で結わえた和紙の重ねのお色目も
気品があってすてきでしょ!(って、自画自賛)
星に見立てたトンボ玉が涼し気。

工房のショーウィンドウにお飾りしてるさかい、
七夕気分を味わってくれはったら嬉しいです。

今年天の川みえるかなぁ、、、

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

 

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形