ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り > 京都の大文字の本当の意味。

西陣からの便り

京都の大文字の本当の意味。

梅雨明けした途端、毎日猛暑の京都です。

梅雨のあいだいつになく涼しかったので、
「今年の夏はきっと涼しいんやろなぁ」
と油断してたさかい余計暑さが堪えます汗

お墓参りいつ行こ、、、熱中症なるわ、、、
涼しい日を見計らって行こ、、、

と思案してた女将ですが、
台風が来る前に思い切って行ってきました。

大文字13日

台風が来る前の大文字山です。

今年は護摩木の奉納が中止になってしまいましたね、、、
保存会の皆さんのおかげ様で毎年
ご先祖をお送りすることのできる有難さ。

お盆のあいだ、十二坊さんの鐘の音が聞こえています。

京都が、
目に見えない一つの気で包まれるような
そんな気さえする大文字の日は
京都人にとってはやっぱり特別な一日です。

心静かに厳かにご先祖様をお送りしたいと
思います。

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

 

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形