西陣からの便り

ご来店前に事前のご予約をお願いしております。

いつもお引き立て頂き誠にありがとうございます。

なにぶん小さな工房ですので
この時期は店内が非常に混み合い、
ご対応までお待たせする可能性が
ございます。

特に弊店は一組ずつのお客様に
わかりやすくご説明しながら
ご対応させていただきたい
と考えておりますので、
小さいお子様とご一緒のご来店、
できるだけご負担のかからぬよう
楽しくお雛さま選びをして頂きたいと
思います。

そこで大変お手数をおかけし恐縮ですが、
お電話にて事前のご予約をお願いしております。

そうすることでお待たせすることなく
ご対応させて頂くことができます。

「お雛さま選びもかけがえのない
 思い出になりますように。」

ご協力何卒よろしくお願い申し上げます。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*

定休日:水・土・日・祝日
(承れる場合もありますので
お電話にてご相談下さい。)

営業時間:午前10時から午後6時

TEL  :  075-441-8333

 

<<<<<<<<>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

 

2020年度のお雛さまのご予約は、9月1日(日)より承ります。

ご注文いただいてからお雛さまを
ひとつずつ丁寧に手作りして
お届け
するため、お時間をいただきます。

展示品をお届けしたり
前もって倉庫にストックしておいた
雛人形を
お届けすることはありません。

 

  *お届けまでの流れ*

ご来店・・・事前のご予約を
      お願いしています。
       (詳しくはこちら
        ご覧ください。)
  
ご注文・・・弊店のお雛さまの特徴を
      わかりやすくご説明します。

      *お好きな男雛・女雛を
       選んで組み合わせることが
       できます。

      *お衣裳を選んでいただき、
       立雛をお誂えすることも
       できます。
 
製 作・・・ご注文いただきまし
        た雛人形を丁寧に
       手作りいたします。

      *時期によりますが、
       
目安として2~4ヵ月
       のお時間をいただき
       ます。

 

お届け・・・1月末から2月初旬の
       お届けを希望される方が
       多いです。
      

立春にお飾りいただく場合、
年内早い時期のご注文をお願いしています。

ご注文頂きました順番に余裕を持ってお作りすることが出来ますし、
お色目の変更を承ることもできます。

早めのご来店お待ちしております。

~*~*~*~*~*~*~*

定休日:水・土・日祝

(承れる場合もありますので、
 前もってご相談ください。)

営業時間:午前10時より午後6時

TEL : 075-441-8333

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

 

 

 

ご遠方のお客さまへ

「京都で作って京都で売るを守る」

というブログを更新しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

ご来店いただく前に、「美しい佇まいを作る」と「京ひな人形へのこだわり」のページをお読みください。

日々、お客さまとの出会いを楽しむ女将です。

ご来店いただくお客様へ、、、

大胆かつ、思い切ったお願いがあります。

工房のホームページにあります、

お雛さまの美しい佇まいを作る」と「京ひな人形へのこだわり

のページを必ずご一読いただいてからご来店いただきたく、

と申しますか、、、

「必ず隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」

(うわぁー、思い切って言うてしもた(^-^;)

という、大胆なお願いをする理由。

毎年、

「毎週、何軒もお人形屋さん巡りして、疲れてしもた~」

「もう、何を基準にして雛人形を選んだらいいのか、わからへん、、」

というお客様のお声を耳にすることが多く、

雛人形選びが難行苦行になってしまっているという現実。

お嬢ちゃんのせっかくの初節句をお祝いするお雛さま選びなんですから、

もっと楽しく効率よく、

雛人形選びをしていただくために、

あえて思い切ったお願いをさせていただきます。

「隅から隅までご一読いただいてからしかご来店いただけません。」

必ず「雛人形の選び方」の参考にしていただけますよ!!

どうか、「お雛さま選びも楽しい思い出になりますように。。。」

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

 

「京ひな人形のお話・工房見学」随時受け付けています。

「工房見学やお雛さまのお話を聞きたい」 という老若男女の皆さまを大歓迎しております。

  ‟雛人形をとおして伝えることは、
  いつの時代も変わらない、
  子を大切に思う親心。

  未来においても変わらない大事なことを
  語り継ぐ。

  それらは語り継がないと
  途絶えてしまう。
  風化し忘れ去られてしまう。

  語り継ぐことが、
  次の世代のためにできる
  私たちのとても大切な大切な、使命”


*上巳の節句とは
*雛人形のルーツ
*雛人形の歴史
*関東雛と京雛、木目込雛の違い
*雛人形の見方・飾り方
*お顔について
*ひな祭りを祝う・楽しむ
*保管の仕方
*大切にしたい日本人の心

など、知って楽しい雑学も交えながら1時間ほどお話させていただきます。

小中高生はもちろんのこと、大人の修学旅行、企業様の研修、外国からのお客様、 メディア関係の方など、
幅広くご対応させていただきます。(ご希望の場合、出張講義もいたします。)

終了後には、「京ひな人形アンバサダー認定書」を授与いたします

京都に都があった時代から続いてきた大切な日本人の心・伝統文化を守り伝えていきましょう。

前もってお電話でご予約くださいね!!
お待ちしています。
 

tel : 075-441-1188
担当:京ひな人形伝道士 岡田 宏美

 

yokoso

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>

雛人形 五月人形 京都 西陣 たくみ人形

 

 

七夕(しちせき)のお飾り。

もうすぐ七夕。

五節句のうちの、七夕(しちせき)です。

昔の人は季節の変わり目に悪い邪気が入って来ると考え
季節の食べ物をお供えしたり、
又、お香を焚いて詩歌を楽しんだり
技芸の上達を願ったりしました。

禊(みそぎ)をして厄を祓う、
という平安時代からの習わしです。

現在では、五色の短冊に願い事を書いて笹につるしますが、
笹や竹には昔から不思議な力があるといわれてきました。

神聖な植物ですのでそこに神を宿すことができる、とも言われています。

工房でも七夕のお飾りをしてみました。

七夕の飾り

 

七夕3

 

お雛さまは織姫と彦星に見立てた白いお衣裳で。。。

五色の紐で結わえた和紙の重ねのお色目も
気品があってすてきでしょ!(って、自画自賛)
星に見立てたトンボ玉が涼し気。

工房のショーウィンドウにお飾りしてるさかい、
七夕気分を味わってくれはったら嬉しいです。

今年天の川みえるかなぁ、、、

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

 

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形

 

令和二年新作雛人形の裂地の裁断が始まっています!

今年もご近所のハスの葉っぱがこんなに大きくなりました。

蓮

今日から7月。

梅雨入りした途端に蒸し暑い毎日です。

「夏越の大祓」も終わり、水無月食べて
半年間の無病息災に感謝しました。

水無月

 

工房では、令和二年新作お雛さまの衣裳の
裁断が始まっています。

 

裁断2

 

和紙の型紙を置くとき、柄合わせを美しくするため
縫い代も考えながら慎重に型紙を置いていきます。

その時、型紙の周りにだけ糊をつけて袋張りにすることで
仕立て上がりにふっくらとした立体感が出せるんです。

見えないところにも手を抜かない、見えないところやからこそ手をかける、
たくみならではのこだわりです。

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形