ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り > 雛人形の唐衣について。 

西陣からの便り

雛人形の唐衣について。 

寒い日曜日です。

今日の京都のお天気は、晴れたり曇ったりというよりは、

ど~んよりしたり、晴れ渡ったり の「冬型の気圧配置」

でございますぅ~

寒うてもこころは、ぬくぬく。。。

たくみはいつも、

「やさしい気持ちで、こころもあったかく」

なのです!!笑

さて、今年ももうすでに たくさんのお客さまに

おひなさまのご予約をいただいております。

で、着付けの順番を待つ唐衣(からごろも)たち。

_q4a6777_1_2

_q4a6772_1_3
唐衣というのは、十二単の一番上に着る 丈の短い衣のことです。
この唐衣のこだわりについても
「語らせたら止まりませんよう~~笑」


さて弊店は、ご注文いただいてから制作にかかりますので、
できあがるまでに どうしてもお日にちを頂戴してしまいます。


なるべく年内にご予約いただけるとうれしいです!


ご希望のお日にちにお届けできますし、
余裕を持ってお作りすることができますので。。。


年内は、29日まで営業いたします。
<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形