西陣からの便り

震災の支援。

震災で未だに家族の安否がわからず、

救助を只ひたすらじっと待つことももどかしくて

危険を顧みず、ご自分の足でがれきの中を捜しまわって

おられる方のお姿がテレビに映し出されています。

いてもたってもいられないお気持ち、痛いほどよく

わかります。

わたしでも絶対そうします。

狂ったように捜しまわります。

待つことしかできないなんて、辛すぎます。

東北のあの辺りは、漁師さんや農家の方やら、山でお仕事

されてる方も多いでしょうし、普段はみなさん、

たくましく、頑健であろうおじいちゃんやお父さんが

人目もはばからず、男泣きされる姿を目の当たりにすると

気の毒過ぎて・・・そこへ、追い打ちをかけるように

原発の恐怖。

まさに、精神の極限状態であろうことが想像できます。

でも、そんな中でも、支給されたおにぎり1個を

「ありがたいことです!」

と言って受け取られている姿を見ると、

極限状態で感じる究極の幸せって、もしかしたら

こういうもんなんかな・・・

と考えさせられてしまいました。

ドラえもん募金してきました。

チャリティー募金にも行こうと思います。



今できることは義援金という形の支援でしかありませんが

長い目で、できることを考えて行こうと思っています。

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形