西陣からの便り

雛人形作りの道具。


今日の京都は、朝から快晴。

スカーッと気持ちのいい青空です。


お布団干して、枕も干して、

ベランダから見える紅葉を眺めながら、

「あぁ、京都に住んでて良かったheart04

を実感しているわ・た・し(うふ!)。

明日からの3連休の人出を予感させる、そんな日和です。
さて、今日からはじまる

「 ものづくりを支える 」

シリーズ 其の一・・・「手に馴染んだ道具」。


工房の職人たちの机の上には、

同じ用途でも、ひとりひとり 使い慣れた形や

大きさがあって、使いやすくカスタマイズされた

道具たちが並んでいます。


_q4a6898_1_1 


例えば、右上のくねっとした 個性たっぷりの道具、

いったい何に使うの???って・・・!


着付けの仕上げの段階で、指の入らないような、

見えない奥まったところに綿を入れ

形を整えるために なくてはならない道具の一つなんです。



いわば、マジックフィンガー。。。笑

手作りのmy道具です!



自分の指の感覚として使えるよう、針金を微妙な角度に微調整しながら

使うんですよ。


針金の先と角度だけを頼りに作業をすすめる、一番時間のかかる

工程です。


使い込まれて手に馴染んだ道具は、

「繊細な手仕事を支える相棒」

といったところですね!




<<<<<<<<<>>>>>>>>>>


雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形