ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り > 雛人形を仕舞うタイミングと時期。

西陣からの便り

雛人形を仕舞うタイミングと時期。

寒の戻りで寒さが身にしみます。

今日は早速おひなさまを仕舞われている

お家も多いんではないでしょうか?

「あせって仕舞うてくれはらんかて、あったこうて、

からっと晴れた日に仕舞ってくださいね。

心配しはらんでも、お嫁に行き遅れはりませんしね~」

とお話ししてもやっぱり「行き遅れる伝説」は

根強いです(笑)

さて昨日、いつもお世話になってる漆器屋さんの

Oさんが、お友達8人とご一緒に「女だけの日帰り修学旅行」で

店に立ち寄ってくださいました。

P1000576

おひなさま三昧の一日を満喫されたようです。

Oさんは京都の楽しみ方をとてもよくお勉強されていて

お店のお休みの日には、お寺やら神社やらおいしいもんの

お店を巡ってはご自分だけのとっておきのルートを

見つけて、いきいきと楽しんだはります。

今回も、お友達を喜ばせようと一生懸命。

そのために自分の足で下調べしはるんです。

心を尽くす、とはこういうことですね・・・

6月には、新緑のきれいなええとこに

お誘いいただいてるんですよ (うふふ 楽しみ・・・)

「Oさん、添乗員さん出来ますわ!」というと

「6月には又、宏美さん(私です)のためにベストを

尽くします(笑)」

というお返事が返ってきました。

いつもおんぶにだっこで、ほんまにすみません。。。

今日から工房では、おひなさまに一旦お休みいただき

五月人形との展示替えを行っています。

10日頃からは「五月人形工房直販会」が開催できる

予定でおりますので、お入用のみなさま、

今しばらくお待ちくださいませ。

(もう少し早くなるかも…です。)

 

<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形