ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り > 雛人形の見方「胴のつくり」

西陣からの便り

雛人形の見方「胴のつくり」

おひなさまの芯になる部分の事を「胴」といいます。

うちの工房では、桐の木を使った「桐胴」を使ってますが、

日本中の大半の雛人形には、稲わらを束ねた「藁(わら)胴」が

使われています。(詳しくはホームページを見て下さい。)


「わら胴」の最大の欠点は、「タバコシバンムシ」という、

わらの中にいる虫が雛人形の胴を食うてしまう

おそれがあるということです。

「そんなん、気持ち悪い!ほんまかいな?」・・・

と思われる方は、

「日本人形協会」という、人形関連業者の集まる

日本最大の組織が毎月発行する業界誌 

「にんぎょう日本 2010年9月号」に 

「わら胴に虫が発生する被害について」の記事が

掲載されましたので、参考になさってください。

「わら胴に虫が発生する被害について」は

下記のファイルをクリックしてくださいね。

「waradou_no_musi_higai.pdf」をダウンロード






<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形