西陣からの便り

東京からのお客様 

昨日は、長男が会社でものすごく

お世話になってる上司のSさんが

東京からおひなさまを買いにきてくれはりました。

会社で、

「両親がおひなさまを作ってるので、ぜひ買うてください!」

と宣伝してくれているらしく、

去年お越しいただいたTさんも

「今時珍しい、親思いな息子さんですねぇ~」

と、うれしいことを言うてくれはりました。

こちらこそ、いい上司のみなさんに囲まれて

長男はしあわせ者です。(しみじみ~^^)

みなさん、遠い所から、わざわざありがとうございます!!

感謝です!!

さて、毎日店を閉めた後、わたしと主人のミーティングが

始まります。

「今年の織やさんの展示会(毎年2月にあります)で、

このおひめさまにぴったりのお殿さま、

見つけたげんとあかんなぁ~」

「この単衣(ひとえ)は、この色にしてよかったわ。」

「このおひめさまには、こっちのお殿さまのほうが

しっくりくるんちがう?」

「今日来てくれはったお客様、この配色が

気に入ってくれたはったえ。」

などと、あれこれ言いながらいつも最後の

締めくくりは、

「わたしら何やかや言うて、自分らが一番楽しんでるなぁ~(笑)」

という結論に達するわけです。

めでたし、めでたし・・・

 

<<<<<<<<<>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形