ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り > 京都の工房でお雛さまの衣装を使った香袋作り。

西陣からの便り

京都の工房でお雛さまの衣装を使った香袋作り。

2週間以上もご無沙汰してしまいました。

久々のブログです!

お休みしてる間に、夏休みも終わって9月なりました。 

うちの工房では、おひなさんの衣裳に西陣織の袋帯を

たくさん使います。

柄をきっちりと合わせて裁断するので

衣裳に使えるのはほんの一部で

あと残り裂がぎょうさん出ます。

そのまま眠らしとくのはもったいないなぁ~と、

ずっと思ってました。


そこで・・・・・・せっかくたくさんある裂を使って、

もっとたくさんの方に西陣織にふれてもらい、

手仕事に親しんでもらおうと思い、

「おひなさんの衣裳袋(香袋)」を作る

手仕事体験!をやってみようかなと

思いつきました。

 

101_0151

101_0154

「全部袋帯です」

お香の入る、巾着の可愛い小さな匂い袋です。

6cm四方位の大きさですから、

玄関やお部屋に飾ってもろたら

ええ感じや思います。

おんなじ裂でも、柄の取り方で全然

雰囲気の違うもんになるんで

できてみんとわからへんおもしろさがあって

楽しんでもらえる思います。 

                            

お好みの裂を選んでもろて、

わいわい楽しくお茶でも飲みながら

工房の手仕事体験しませんか?

期間は、11月24日までの毎土曜日で、

1日2組様限定、料金はお一人¥3150です。

1週間前までにお電話(075-441-8333)

メールでご予約をお願いいたします。

(詳しくは、お問い合わせください)

 

<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>

雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形