ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り > 極めれば、、、やっぱり桐胴なんです!

西陣からの便り

極めれば、、、やっぱり桐胴なんです!



お雛さまの芯になる部分のことを「胴」といいます。


うちの工房では、全てのお雛さまに

桐の木を使った「桐胴」を使っていますが、

日本中の大半の雛人形には、稲わらを束ねた「藁(わら)胴」が

使われています。

(詳しくは、ホームページの「京ひな人形へのこだわり」を見てください。)


「わら胴」の最大の欠点は、「タバコシバンムシ」という、

わらの中にいる虫が雛人形の胴を食うてしまう

おそれがあるということです。

ダニもわきますしね、、、


最近では、畳の材料の「い草に似せた化学製品胴」

みたいなものを使うお店も出てきましたが、

(そもそも化学製品胴って何??)

いずれも、型崩れを起こしやすいという欠点があります。


「そんなん、気持ち悪いし、いやや! ほんまかいな?」・・・

と思われる方は、


「日本人形協会」という、人形関連業者の集まる

日本最大の組織が毎月発行する業界誌 

「にんぎょう日本 2010年9月号」に 

「わら胴に虫が発生する被害について」の記事が

掲載されましたので、参考になさってください。


「わら胴に虫が発生する被害について」は

下記のファイルをクリックしてくださいね。


「waradou_no_musi_higai.pdf」をダウンロード



昔から、いいお雛さまには、必ず「桐胴」が使われていました!


いつの日にか、「桐胴」が 

日本中の雛人形のスタンダードになる日が

くればいいですね!!