西陣からの便り

有職雛とは?




秋深まる京都からお送りする、女将の直伝シリーズ其の四・・・

「有職雛」とは?



皆さま、こんにちは。

またまた女将の奥の深~い直伝シリーズです。



今回は、人形業界でやたら頻繁に使われる「有職雛」とは、一体何ぞや??

という疑問にお答えいたします。



先ず、「有職雛」は「ゆうそくびな」と読みます。

「有職」とは、公家社会のさまざまな決まり事を指す言葉で、

「有職雛」は、お公家さんの着る装束を正しく考証して

作られた雛人形のことをいいます。



お公家さんたちの装束は、身分や年齢、季節によって違うので、

これに合わせて裂(きれ)を選び、雛人形の背丈に合った文様を

人形用に別織りにして衣装に仕立てます。



「有職雛」のお殿様は公式な儀式で着用される衣冠束帯(いかんそくたい)、

お姫様は十二単衣(じゅうにひとえ)を着用していることが多いです。



いかがでしょうか、今回は単純明快な答えに

さぞかしご満足いただけたことでしょう笑


女将の直伝シリーズ、まだまだ続きますよう~

次回もどうぞお楽しみに!!