ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り > 子供連れのお母さんにも優しい京都でありたい!

西陣からの便り

子供連れのお母さんにも優しい京都でありたい!


台風が去って、一段と秋の気配が深まった京都です。

朝ウォークで見つけた秋の贈り物。

銀杏    




銀杏が もうこんなにたわわに実って、、、鈴なり、、、。
季節の移ろいを実感しますね。


この前、市バスに乗った時、
ベビーカーに赤ちゃんを乗せたお母さんが
たまたま行きも帰りも乗ってきはりました。


京都の市バスは、バリアフリーを意識して、
今やほとんどの車両がノンステップバスになっていて
随分乗り降りしやすくなりました。


優しくなった京都市バス!


でもね、
赤ちゃんを乗せたベビーカーって、おそらく10㎏くらいはありますよね!
それだけじゃなく、当然マザーズバッグの荷物もありますし・・・


それをよっこらしょ!とステップのところを持ち上げながら
混み合った市バスを乗り降りするって大変な労力やと思うんです。
周りの乗客の方たちに 気も遣わはるやろうしねぇ。。。


「母は強し!」


ご自分で車を運転しないお母さんや、
ご両親やお知り合いなど頼れない場合、
お出かけに市バスを使わないといけない場面って
どうしてもありますよね。


車椅子の方が乗り降りされる時、押したまま乗れるようにと、
運転手さんが折り畳みのスロープ板を出してはりますが、
ベビーカーを乗せるときにも出してあげたら、
もっとお出かけしやすくなるし、 
ひいては 少子化対策にもなるんちがうん?
と、わたしは声を大にして言いたい!笑


ふと、自分の子育て中(もう30数年も前のことですが)は
どうしてたんやろ~と振り返って考えたのでした。




<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形