ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り > シリーズ第三章は「立雛」です。

西陣からの便り

シリーズ第三章は「立雛」です。


今日も 朝から雪の降る、凍えるように寒~い一日です。

これから節分の頃にかけて
京都は本格的な底冷えの季節を迎えます。


でも、その分 春を迎える喜びも大きいなるってこと。。。
京都の桜が美しいのは、
厳しい底冷えを乗り越えたご褒美なんやと思います、きっと。。

さて、お待たせいたしました!
毎年大好評の(ほんまかいな、、、笑)
「隠してしまうのはもったいない!」シリーズ。


今年は、立雛のお写真をお撮りしましたよ。

立雛 


(昨年のブログ 「やっぱり隠してしまうのはもったいない!
もごらんくださいね!)


着せ付けが終わり、「腕(かいな)折り」をすると
見えなくなってしまう美しいお色や文様がもったいなくて、 
「写真を撮って、お雛さまのお届けを永らくお待ちくださっている
お客様にお見せしよう!」
と思って始めたシリーズ。
今年で3年目を迎えました。

「隠してしまうのはもったいない!」 シリーズ第三章。

弊店では、お雛さまのご予約をいただいてからお届けまで
お時間をいただきますので、
その間も 「どきどき ワクワク」を楽しんでいただきたくて
始めたのがきっかけです。


お届けまであと少し、お雛さまをお迎えいただく
心のご準備は整っておりますかぁ~~??


シリーズ第四章もお楽しみに!!


<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>
雛人形 五月人形は 京都 西陣 たくみ人形