ホーム > ニュース&トピックス > 西陣からの便り > 御所の中にある「京都迎賓館」に行ってきました。

西陣からの便り

御所の中にある「京都迎賓館」に行ってきました。



今日の京都は台風21号の影響で雨降り。

時代祭も中止になってしまいました。


そんな中、京都迎賓館では秋の特別展示が行われているということで

雨にも負けず風にも負けず、警報にも負けず、行ってきましたよ!


素晴らしい数寄屋造りの建物のまわりの広大な池が

お庭と建物に溶け合うように配置されています。

(雨で画像が暗いですね。。。汗)


迎賓館の池


庭2


秋の特別展示「有職(ゆうそく)織物の典雅なしつらえ」。


人間国宝 「喜多川俵二」作の有職織物が

迎賓館の「聚楽(じゅらく)の間」、「夕映えの間」、「藤の間」、

「桐の間」に展示されています。

 

桐の間


有職



即位

 

風合いや質感がとても素晴らしく、「きれいやなぁ~~」と

只々、ため息の連続。


主人は、

「十二単の表着(うわぎ)の仕立ての

ふき(裏地を表に折り返して、表から少し見えるように仕立てた部分)

がきれいに出てたなぁ~」

と言うので、

「さすが、プロ目線!」と感心したわたしでした。


台風にも負けず、行ってよかった~~。