西陣からの便り

「一子相伝」の裏話


昨日の朝日放送「「一子相伝」ご覧いただけましたでしょうか?

その一場面の出来事です。

主人が着付けたお雛さまを見た父。
「息子の腕(かいな)折りに父は?」
と出来栄えについての感想を問われ、

父   「まあまあやけどなー。。。」
主人 「まあまあでもいい方なんです!笑」


このやり取りを聞いたわたしの大笑いした声が、
大きく入っていましたね。。。笑


職人は仕事を全部、見よう見まねで覚えていくんです。
いちいち手取り足取り教えてもらうことはありません。


普段、一緒に仕事していても褒めることのない父、
褒められた記憶のない主人。


始めて褒められたのは、父の元で修業の道に入ってから
なんと25年たった時でした。


「立雛、よう出来てるやん!」
主人はさぞかし嬉しかったことと思います。


その裏話を知ってるわたしからしたら、
腕折りの出来栄えを聞かれ、
「まあまあやけどな。。。」と言った父の返答が父らしく、


「まあまあでもいい方なんです

(充分過ぎるほどの誉め言葉なんです)!」
と言った主人の答えが主人らしくて
思わず大笑いしてしまったという、撮影時のエピソードです。


短い放送時間なので、こういう裏話を盛り込めないのは
ちょっと残念でしたが、
わたしたち親子にとっては
いつまでも心に残る思い出になる放送となりました。


次週11月10日(木)もぜひご覧くださいね!!





<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>